古事記~イワナガヒメ (磐長姫)とコノハナサクヤヒメ (木花咲耶姫)

イワナガヒメ。月水石神社.jpg

「イワナガヒメ」「返品された女神」「人はなぜ寿命があるのか」「月水石神社」

イワナガヒメ

「コノハナサクヤヒメ」のお姉さんです!
「コノハナサクヤヒメ」の名前を知らない人はいないでしょう。

昔むかし、「ニニギノミコト」が「コノハナサクヤヒメ」を見て一目惚れし、「ぜひ、お嫁にください」とおとうさんの「オオヤマツミ (大山祇神) 」に言いました。

オオヤマツミは「それはそれは是非どうぞ」「ついでに姉のイワナガヒメもおつけします」とこころよく応じました。

ところがニニギノミコトはイワナガヒメを見てびっくり!
とてもブサイクだったからです。

ニニギノミコトは「姉のほうは、いりません」とオオヤマツミに「返品」しました。

イワナガヒメ=ブサイクだけど、永遠の命

コノハナサクヤヒメ=きれいだけど、花のごとく散る運命にある

オオヤマツミはたいそう怒りました。

せっかく嫁にやったのに突き返してくるとは!

イワナガヒメは「磐長姫」と書くように見てくれは悪いけど、「永遠の命」を持っていたのです。
それを「返品」してしまったので、人は「死ぬ」ようになってしまいました。
こうして人は「美しさ」を手に入れた代わりに「永遠の命」「不老不死」を失い、「寿命」というものが生まれたのですね。

ひげおじさん
ん…美しさを手に入れたかどうかはなんとも言えんが(^_^;)

さっちゃん
ブサイクだから返品なんてひどいわね😡

ひげおじさん
そりゃ女の子だって、ブ男だとか、キモいとか言うだろう。お互いさまだね(^^)

月水石神社 (がっすいせきじんじゃ)

イワナガヒメが祀られています。

茨城県つくば市。筑波山の中腹にあります。

月水石神社 (がっすいせきじんじゃ)はこちら

<Sponsored Link>

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

 

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




イワナガヒメ。月水石神社.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です