ライデンフロスト効果~フライパンで水がおどる! こびりつかない!

水玉

Leidenfrost hot ライデンフロスト効果。充分加熱gif

「ライデンフロスト」「フライパン」「焦げつかない」

さっちゃん
おとなの人にやってもらってね! やけどにはじゅうぶん気をつけてね!

テフロンその他コーティングしてあるもの、ホーローなどではやってはいけません。コーティングが一発で剥がれたり、割れたりしてしまいます。かならず鉄鍋でやってください✌

ライデンフロスト効果

温度が低いとこびりつく

充分、加熱してないフライパンに水を落とすと、水が泡立ってグツグツ煮るような感じになります。

Leidenfrost not hot 加熱不足

野菜や肉は水分をたくさん含んでいるので、フライパンの温度が低いと、「炒め物」ではなく「煮物」になってしまいます(^^)
また、フライパンに野菜や肉がこびりついてしまいます。

動画はこちら↓

温度が高いと水をはじく!

フライパンから煙が出るくらい加熱してから水を落とすと、水を弾いて水がおどります。

Leidenfrost hot enough 充分加熱

これは水とフライパンの間に薄い「水蒸気の膜」ができて、水とフライパンが直接さわるのを防ぐためです。水蒸気が「断熱材」の働きをします。
このため水は長いこと蒸発しないでフライパンの上を滑ります。

野菜炒めも煮物にならず、中に水分を残し、シャキッとしておいしい炒め物になります。

動画はこちら↓

ライデンフロストはドイツのお医者さんで、神学者でもあります。いわゆる科学者ではないんですね。まあ、料理をする人なら誰でも物理的な知識はなくても、経験上、この現象は知っているでしょう。 (ウィキペディアより抜粋、加筆)

あまりきれいでないフライパンで申し訳ないけど、おじさんは一人暮らしをはじめて最初に買った鍋を今でも使ってます!
だから30年くらいはたってます。

その間、何枚テフロン加工の鍋を買ったでしょうか。
いくら気をつけても1年くらいで皮膜がはがれて「こびりつく」フライパンに落ちぶれてしまいます。

鉄鍋はこびりつくというのは、低い温度で調理するからです。

不動態皮膜 (ふどうたいひまく)

空焼き (何も入れないで加熱すること) すると表面が茶色から青白い色に変わっていきます。
すると表面に「不動態」とよばれる「酸化皮膜」ができてこびりつきにくくなります。

テフロン加工は剥がれてしまえばおしまいですが、鉄鍋なら空焼きすることで何度でも「不動態皮膜」を作り直すことができます。

テフロン加工の鍋は、空焼きしたり、加熱後に急に水をかけて冷却すると簡単に皮膜が剥がれてしまいます。
炒め物など、高温で調理するのには向いていません。

そもそもテフロンて他のものとくっつきにくいということは、フライパン本体の鉄にもくっつきにくいということなんです(^^)

中華鍋の底はなぜ丸いの?

中身をひっくり返しやすいからです。
底が平らで壁がある形だと、段がついていて中身がひっくり返せません。
おじさんが使ってるのは直径28cmです。
けっこう重いです(^_^;)
穴が空いたら換えようと思うんだけど、どうやら墓場まで持っていきそうです(^^)

ひげおじさん
上の動画は水をたくさん落としてるんじゃないかって? 百聞は一見にしかず。いや、百見は一行にしかず。やってみてくれたまえ=^^=

さっちゃん
実験道具もなにもいらない。おうちですぐできるよ!

クマ
やけどだけには気をつけてね!

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




水玉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です