モノスキーの滑りかた。斜滑降~これを見ればあなたもモノスキーが滑れる! (スノーボードじゃないの? )

1-1. 斜滑降。ふつうはほぼ真っすぐの姿勢

モノスキーの滑りかた。トップページ・目次はこちら

斜滑降

ここからがモノスキーのむずかしさを感じるところです。
基本的に、片足スキーの「山足スキー」とおなじ姿勢です。

合言葉は「腰と膝は谷へ。頭と上体は山へ」です。

(左が谷。右が山。左下に滑っていきます)

1. 斜滑降

見てわかるとおり、腰と膝が谷に突きでて、頭と上体が不自然に山へ傾いています。
板は谷のほうに傾いていて、雪面に平行に近くなっています。
エッジが寝て、谷にずれやすくなっています。

不自然だけど、基本形です=^^=

上の写真では大袈裟にやっているけど、ふつうは下の写真のように体はほぼ真っすぐの姿勢です。
でも、はじめは大袈裟にやってください。

1-1. 斜滑降。ふつうはほぼ真っすぐの姿勢

上の写真よりはエッジが立っていますが、雪面との角度は浅いです。

図解は「山足 (斜滑降) 」も参考にしてください。

動画はこちら↓

(画面の右が山。左が谷です。左下に滑っていきます)

失敗例 (はじめはずっとこの状態になります)

頭と上体が起きていると、山側のエッジが引っかかって、山側に倒れます。
上の姿勢と比べてください。

次のレッスンに行く。モノスキー。ターン

モノスキーの滑りかた。トップページ・目次はこちら

<Sponsored Link>

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




1-1. 斜滑降。ふつうはほぼ真っすぐの姿勢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です