モノスキーの滑りかた。転びかた~これを見ればあなたもモノスキーが滑れる! (スノーボードじゃないの? )

SnapCrab_NoName_2018-7-29_20-39-40_No-00(1)

モノスキーの滑りかた。トップページ・目次はこちら

転び方

ひげおじさん
この教科書を作るにあたってYouTubeに動画をのせたんだけど、なぜかこの「転び方」がよく見られてるんじゃな(^^)

さっちゃん
両足が固定されてていざというとき足が出せないから大事よね。

こんなもの(^^)と思うかもしれないけどモノスキーをはいたらわかります。
なんでこんなに動けないの? と思うでしょう。

スノーボードも両足固定されてるけど、まだ両足を開いていますね。

スノーボードとちがい、モノスキーは横にしか倒れないので、まず後頭部を打つことはないけど、横に倒れても転び方を知っていないとかなり頭や肩を強く打ちます。手をつけば手を傷めます。

やればわかるけど、両足が固定されているのに転びそうになると無意識に倒れる方の足を出そうとします。
ところが足が出せないのであわてます。

ヘルメットはかならずかぶってください。
ほんと危ないです。

たとえば身長160cmの人が立ったまま倒れると、頭は160cmの高さから地面に落ちてぶつかることになります。
それが、しゃがんでから横に転ぶと80cmくらいのところから落ちるので衝撃は半分くらいになります。
さらにしゃがんでから横に転ぶとじっさいには腰から地面につき、体も丸まっているのでほとんど衝撃を受けずにすみます。

そして何より面白いのは、「転ぶ! 」「危ない! 」と思った瞬間、しゃがむとなぜか転ばずにバランスを取り戻すことが多いんです。
それからしゃがめば手を直接、雪面につけることもできます。

ということで

転ぶ! 危ない! →しゃがむ。丸くなる。

を呪文のように覚えておいてください。

そして、起き上がるときもいっしょで、体を伸ばしたままだと160cmの棒を立てなきゃいけないのでとても力がいります。
というよりまず立てません。
板をできるだけ自分の体に引きつけ、頭をできるだけ板の上にまで持ってくると楽に板の上に体を乗せることができます。
それから立ち上がればいいんです。

このへんは動画を見ていただければよくわかると思います。

次のレッスンに行く。モノスキー。起き上がりかた

モノスキーの滑りかた。トップページ・目次はこちら

<Sponsored Link>

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




SnapCrab_NoName_2018-7-29_20-39-40_No-00(1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です