モノスキーの滑りかた。ターンの力学。ジャンプターン~これを見ればあなたもモノスキーが滑れる! (スノーボードじゃないの? )

回転。着地

モノスキーの滑りかた。トップページ・目次はこちら

ターン

ジャンプターン。板の回しかた

さっちゃん
えっ!? いきなり高度なテクニック!?

ひげおじさん
ジャンプする必要はないけど、体をねじって縮んで、伸び上がって体重を抜くと板が回る。これは全てのターンの基本なんだ。

・縮む。ひねる。

これからターンしたいほうに上体をひねり、縮みます。

縮む

縮む

・抜重 (伸び上がり)

思いっきり伸び上がります。
板が完全に雪面から離れれば、いとも簡単に板が回ります。
板が雪面から離れなくても、抜重して板が雪面と平行になればエッジが解放されて、楽に回すことができます。

伸びる

伸びる (ジャンプ) 

板が雪面に対してどちらかに傾いていて、エッジが引っかかっていると回すことができません。

ターンのときは、このように「板を雪面と平行」にして、「エッジを解放」して板を回し、反対のエッジに乗り換えます。

・回転。着地

板が回りました。

回転。着地

回転。着地

「作用反作用の法則」で板は右に回り、代わりに上体は左にすこし回っています。

ショート・ターンのときは、この上体のひねりを次の反対のターンに使います。
上体が板といっしょに回ってしまうと、次のターンがむずかしくなります。

動画はこちら↓

ジャンプしなくてもいいけど、モノスキーはもちろん、2本足スキーでも、スノーボードでも板を回す「力学」は同じです。

  1. 「上体をひねる」「縮む」
  2. 「思いっきり伸び上がる」「板を雪面と平行にする」「エッジが解放される」「板と雪面の抵抗が小さくなる」
  3. 「作用反作用の法則」で「板は上体のほうに」「上体は板のほうに回る」

最近の、カービング・スキーでは板が回りやすくなっているので、上体が板といっしょに回っても次のターンができるようですが、ショート・ターンでは上体がいっしょに回ってしまうと次のターンが遅れます。

オリンピックやワールド・カップなどで見る「モーグル」という競技では上体はずっと谷 (斜面の下の方) を向いているのがわかりますね。
腰、膝、板だけが左右に回り、上体は正面を向いたままです。

モノスキーでは、「上体のひねり」と「伸び縮み」がとても重要です。

おじさんのモノスキーの滑りを見た友人がいいました。

「クネクネしてる」

この表現は言い得て妙です(^^)

棒立ちでは絶対ターンできません。
とにかくつねに「伸び縮み」して、腰から膝の「やわらかい、しなやかな」動きがとても重要です。

大袈裟なまでにやってください。
ムダな動きは滑れるようになれば自然に取れていきます。

「板を回す力学」にもどる

次のレッスンに行く。片足スキー。ターン1。山足→谷足

モノスキーの滑りかた。トップページ・目次はこちら

<Sponsored Link>

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




回転。着地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です