PC~POP? IMAP? って何? メール。どちらを選ぶ?

「POP」「IMAP」「SMTP」「ISP」「メール」

POP (Post Office Protocol)

pop3と表記されることも。3はバージョンです。

郵便局です(^^)

メール (手紙) は自分の家のポストに「配達」されて、自分の家 (PC) で保管します。
当然、郵便局には手紙は残っていないので、自分の家でメールを捨てたり、なくしたりすれば、もう見ることはできません。

郵便局はサーバーに相当します。

POPでも「サーバー (郵便局) に残す」「コピーを置く」などの設定をすればダウンロードしてもサーバーに残るので、要らないメールを削除してもスマホなど別の端末やPCでメールを見ると、捨てたメールがまたダウンロードされるので邪魔くさいです(^^)

サーバーに残しておく期間を自分で設定することもできます。
10日にしておけば、1度も見てなくても10日後にはメールは処分されるのでご注意を!

Protocol プロトコル

コンピュータ間のデータ送受信のための手順・規約

IMAP (Internet Message Access Protocol)

IMAP4と表記されることも。4はバージョンです。

メールはサーバーに保管されます。
郵便局留め」といったところでしょうか。

しかも郵便局 (サーバー) に自分の「私書箱 」(フォルダ) を作ることができて、メールはそこに置いとくことができます。
メールは見たいときだけいつでも見に行けます。

メールは配達されるのではなく、郵便局に置きっぱなしで、自分は見に行くだけです。

もし郵便局が火事 (サーバーがトラブルなどでデータ消失) になれば自分のメールも燃えてなくなってしまう危険はあります。
それは自分の家 (PC) に保管しても同じ危険はありますが、自己責任か、不本意な人の責任かという違いだけど責任を追求したところでメールは戻ってきません。

心配な人は自分のメーラーに「保存フォルダ」を作って、そこに保存しておきましょう。
断っておきますが、自分のPCに保存してもデータがけっしてなくならないという保証はありません=^^=

郵便局においてあるので外出先でスマホでメールをチェックしても、家に帰ってきてPCで見ればまた同じメールを見ることができます。
これを便利と思うか、同じメールをまた見なければいけないので面倒と思うかはあなた次第。

郵便局留め (サーバーに保管) なので削除したら、二度とスマホでもPCでもメールを見ることはできません。

郵便局留め (サーバーに保管) だけど、ネット接続ができなくても最後に見た状態でメールを見ることができます。

ISP (Intenet Service Provider)

いわゆる「プロバイダ」です。

ISPでは通常POPを使います。

SMTP (Simple Mail Transfer Protocol)

送信のためのプロトコルです。

<Sponsored Link>

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

 

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です