地平線 (水平線) はどこまで見えるか? ~ピタゴラスの定理

「地平線」「水平線」「どこまで見える」「ピタゴラスの定理」

たぶん中学3年生レベルだけど、そうでない人も試してみてね。

Q.  地平線はどこまで見えるか計算してみよう!

地球の半径:6400km
身長 (目線の高さ) :150cm

視力はかぎりなくいいものとします(^^)
地球は真ん丸とします。
途中に山や、建物、霧などの障害物はないものとします。
空気によって光が曲がることはない。直進するものとします。

距離の単位はkm。
有効数字2桁 (小数点以下1桁) で答えてください。
(つまり、小数点以下2桁目を四捨五入します)

💡 ヒント

ピタゴラスの定理を使います。

はじめに単位をそろえましょう。
答えはkmなので、身長をkmに直したほうがいいですね。

答えはこちら。地平線 (水平線) はどこまで見えるか?

さっちゃん
すぐに答えを見ないでちょっと考えてみてね✌

<Sponsored Link>

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

 

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です