見るページ。すぐ閉じるページ。

good impression 見るページ

「第一印象」「中身」

おじさんがすぐ閉じるページ

  1. 黒地に白抜き文字のページ
  2. 細かい文字がギッシリ
  3. やたらに漢字だらけ。
  4. いきなり広告だらけ。

おおかた、みなさんも同じだと思うけど、こういうページはすぐ閉じます(^^)

よほど自分に必要な情報が書かれてない限りすぐ閉じます=^^=
まあ、こういうページはしばらく我慢して読んでもやっぱり内容がなかったり、意味がさっぱりわからなかったりします。

上に書いたものをもうすこし説明すると、

① 黒地に白抜き。

何より目に痛いですね。
はっきり言って読みづらいんです。
ページを作ってる本人はオシャレとか、カッコイイとか思ってるのかもしれないけど「自己満足」です。

黒板に白いチョーク。
見づらかったですね。

今はホワイト・ボードに黒いマジックが当たりまえになりました。

チョークの粉が体に悪いとか、汚れるとかいうより「見やすい」からです。

② 細かい文字がギッシリ。

これも見づらいです。

読めないので拡大すると、スクロールしなければなりません。
面倒くさいですね。
なのでこういうページはさよならします(^^)

③ やたらに漢字だらけ。

自分はいかに漢字をたくさん知っているか。

いや、読者にとってそんなことはどうでもいいことで、重要なことはつぎの2つでしょう。

「自分の知りたいことが書いてあるか? 」
「わかりやすい言葉で書いてあるか? 」

とくに現在は、自動で変換されるので気をつけましょう。

自分でも知らない漢字がいくらでも出てきます。

④ いきなり広告だらけ。

いくら広告が収入になるからとて、読者は広告を見にきたのではありません。

知りたいこと、興味あることがあって見にきたのです。

とくに、おじさんが即刻はなれるページは、

・アニメーションする (動く) 広告。

チラチラしてまったく本文が読めません。
たしかに広告の目立ち度は120%だけど、広告は見たくないのですぐ閉じます。

・それから、スクロールしても追いかけてくる広告(^^)

たしかに目立つけど、広告を見にきたんじゃありませんよ(^^)

買いたいものがあれば、自分で調べます。

ということで

おじさんが見るページ

  1. 白地に黒字のシンプルなページ
  2. 大きめの文字で拡大しなくても読める。
  3. ほどよく漢字とひらがな、その他をつかいわけている。
  4. 広告は控えめに。
  5. 何より、自分の必要な情報が、わかりやすい言葉で書いてある。

1~4は第一印象で、そのページをつづけて読むか、すぐ離れるかの重要なポイントです。

そして、大事なのは「中身」ですね。

自分の知りたいことが、わかりやすく書いてあること

ひげおじさん
ということで、これは漢字にするか、ひらがなにするか、句読点は多すぎないか、かなり悩みながら書いてます(^_^;)

<Sponsored Link>

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

 

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




good impression 見るページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です