灯油のシュポシュポはなぜ手を放してもずっと出つづけるの?「サイフォンの原理」

シュポシュポ

コップ。長いチューブgif

「サイフォンの原理」「重力」

「位置エネルギー」「運動エネルギー」

ひげおじさん
水は高いところから低いところに流れるよ。

さっちゃん
そんなこと知ってるよ(^^)

ひげおじさん
じゃあ、とちゅうが高くなってたらどうなると思う?

さっちゃん
えっ!? そりゃ流れないんじゃないの?

ひげおじさん
そうだね。ところがチューブをつかうと、とちゅうが高くなってても流れるんだよ!

さっちゃん
ホント?

水のおもしろいところは、チューブをつかうと、とちゅうがコップの水面より高くなっていても
それを乗りこえて出口まで流れていくことです。

これを「サイフォンの原理」といいます。

それでは、じっさいにやってみましょう!

用意するもの

たらい。コップ。チューブ (お風呂でやるときは2メートルくらいのホース)

たらいは台所のシンクにかならずあると思います(^^)

コップでなくても水がはいるものなら、なんでもいいです。

チューブは、ここでは金魚の水槽の空気ポンプ用のものを使っているけど
折り曲げられるストローとか、こどものビニール製のなわとびのロープなんかでもできます。

やってみよう!

  1. たらいなどの大きな入れものに水をいっぱい入れます。
  2. コップに水を入れます。
  3. チューブに水を入れます。
  4. チューブの両側を指でふさいで水がぬけないように片方をコップに入れます。
  5. 反対側をコップより下に持っていきます。
  6. 指をはなすと…水が出てきましたね!
    (⏰ 目安時間。5分。準備の時間はふくまれません)

ひげおじさん
チューブの中の空気をぜんぶ、ぬくことが大事だよ!
少しでも空気がのこっていると空気がじゃまをして水が出てこないよ!

 
さっちゃん
コップの中にチューブの片方を入れて反対側をコップより下げるまで指ははなさないでね!
もし空気が入っちゃったらもういちどやりなおしてね!

出口を水面より高くすると止まってしまいます。

そして、あいだに空気がはいってしまうと空気がじゃまをして水が流れなくなってしまいます。

チューブを長くしたらどうなるでしょう?

チューブの道すじがどうなっていても出口が低ければ流れていきますね。

チューブの出口がコップの水面より高くなると、止まってしまいます。

【ポイント】

① 水面より出口が低いこと。出口が水面より高くなると水は止まります。

② あいだに空気が入ると流れなくなります。
入口から出口まで水がつながっていることが大事です。

チューブが長くて中の水が多いときは、少し空気が入っても出口を下げてやると、
中に入っている水の重みで空気をおしのけて、また出てくることもあります。

<Sponsored Link>

解説

「サイフォンの原理」

水 (液体) は管の中を水で満たすと、とちゅうの経路が上がってても、下がってても、
ぐるぐる回ってても高いほうから低いほうに流れます。

そして水面が同じ高さになると流れなくなります。

siphon サイフォン

左の水面までの水 (みずいろの部分) は左右おなじ長さ (高さ) でつりあっているけど、右の管のほうが青色の分だけ長いので、そのぶん重くなり、右が下がります。

上の動画のように、水が出る方 (低い方。この絵では右側) は容器も要らないし、水につかっていなくてもいいです。ただ、太い管だと下から空気がはいって流れなくなってしまいます。

 

siphon2 サイフォン

灯油のばあいは「油の分子くん」です。

siphon3 サイフォン

これを利用しているのがみなさんお世話になっている「シュポシュポ」ですね。

シュポシュポとストーブ

もうわかりましたね。ポリタンクの油面をストーブのタンクより高くしてやれば
ずっとシュポシュポしてなくても、かってに低いほうに流れていってくれます。

【ポイント】
そしてシュポシュポの頭についている「空気抜き」が何のためについているのか?
あいだに空気が入ると流れなくなるんでしたね。
給油中はそばをはなれないでね!
気づいたらあふれていたということも…
また台の上にポリタンクをのせると不安定になるので倒れないように気をつけてね。

今どきは電動のポンプがあるのでシュポシュポしなくても良くなりましたが、
電池切れ、故障の予備としてシュポシュポも持っています。

電動ポンプ

「重力」「位置エネルギー」「運動エネルギー」

地球には「重力 (引力) 」があるので、いつでもどんなものでも地面のほうにひっぱられています。
人も物も支えるものやじゃまするものがなければ、
できるだけ低いほうに落ちたり、転がったり、流れたりして
それ以上、低いところにいけなくなったところで止まります。

この「高さ」が持っているエネルギーを「位置エネルギー」といいます。

英語でいうと「ポテンシャル」エナジーです。

ポテンシャルは日本語でも使われますね。

「高い」ところにあるものは「位置エネルギー」をたくさん持っていて、
それが「低い」ほうに動き出すと、

「位置エネルギー」を「運動エネルギー」に変えている。と考えます。

「運動エネルギー」は「摩擦」により「熱」や「音」 (振動) などに変わって最後は止まってしまいます。

「位置エネルギー」と「運動エネルギー」

むずかしく考えることはありません。

身のまわりにあるものを探してみましょう。

たとえば「すべり台」

あなたが階段を上っていきます。運動エネルギーを位置エネルギーに変えています。

あなたは運動するのでエネルギーを使ってつかれますね(^^)
そして上にのぼったら、こんどは位置エネルギーを運動エネルギーに変えて、
滑っておりてきます。

これであなたが階段をのぼってたくわえた位置エネルギーが運動エネルギーに変えられました。

また摩擦で運動エネルギーの一部は熱エネルギーに変えられて、あなたのお尻は少し熱くなったかもしれません。
ほんの少しだけど、空気抵抗もあったかもしれません。
滑るときに風を感じたでしょう。

どうして止まってしまうのでしょうか?

そうです。地面があるからです。

すべり台の下に穴があったらあなたはもっと下に落ちていきます。

あなたは地面の上に寝ころがっているだけでも、まだ位置エネルギーを持っていて
いつでももっと低いところに落ちようとしています。

ベッドで寝てれば、より低い床に落ちようとしています。
階段の上にいれば、いつでも階段の下に落ちようとしています。

公園にある「ターザンロープ」もそうですね。

あなたはまずぶら下がるロープを持って台の上にのぼらなければなりません。
そして、台から飛び出すといちばん低いところまで行って止まります。

位置エネルギーを利用しているもの

「水力発電所」…水が落ちるときに発電機の羽根を回して電気に変えています。
「スキー」「スノーボード」…歩いてのぼるか、リフトで運んでもらって、滑っておりてきます。
「ジェットコースター」…ジェットコースターには車のように動力がついていません。
はじめはレールの下にあるチェーンでいちばん高いところまで運んでもらって、
あとは位置エネルギーを運動エネルギーに変えておりてきます。

クマ
ほかにも身のまわりに「位置エネルギー」と「運動エネルギー」を利用したものがあるか
おとうさん、おかあさんと探してみてね!

お風呂でもできます。

わたしが子供のころ、おじいさんと温泉に行くと浴槽にホースがはいっていて、
出口から洗い場にお湯が出ていました。
浴槽の底にたまったゴミや、ぬるいお湯を外に出すためだそうです。

おフロといえば気になるのがこれ! 「シャンプーが水っぽくなる! 」

と感じたことは?
「ある! 」と思ったかたは、こちらをクリック↓

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ?

ひげおじさん
ちなみに「コーヒーサイフォン」は温度によって空気が「ふくらんだり」「ちぢんだり」することを利用しているので「サイフォンの原理」じゃあないよ!

<Sponsored Link>

逆サイフォン

一般的にはサイフォンはとちゅうの経路が高くなっているものをさしますが、
とちゅうの経路が低くなっているものもあり、「逆サイフォン」と呼ばれています。

岡山県久米南町にある「神谷 (かまだに) サイフォン」です。
谷の川の下を水路が通っています。

上の実験でやったように、とちゅうの経路がどうなっていても、
入口より出口が低ければ、水は低い方へ流れていきます。

神谷サイフォン。看板2

岡山県久米南町にある「神谷サイフォン」

神谷サイフォン。立ち上がり2

川底をくぐって斜面を上る管が見えます。

神之淵池2

たくさんのサイフォンのおかげで田んぼに水が行くようになり、米がたくさん採れるようになったそうです。

水管2

岡山県真庭市下谷川。湯原から久世にかけて作られた水路。 それこそ谷越え、山越え、最終的に発電所に向かいます。これは地面の下ではなく、道路の上にかけられた橋ですね。

水管3

これは降りているのではなく、登っているのです。 最終的に、出口のほうが低ければそっちへ流れていくんですね。

寄水発電所

これは上の水路とは別のところですが、やはり岡山県真庭市の寄水 (よりみず) 発電所です。水道橋をわたったり、暗渠 (あんきょ。トンネルのことです) を掘ったりしながら最後は高いところから水を落として水車を回して発電します。

ついでに台所の流しで水をつかう実験をやってみよう!

リンクはこちら↓

しずむ魚くん~もうひとつの「浮沈子 (ふちんし)」

ボールが水や空気にひっつく! 「コアンダ効果」

割れない! 跳ねる! 凍る! シャボン玉

いろんなサイフォン

サイフォンとはギリシャ語で「管」という意味なので、ほかにもサイフォンと呼ばれているものがあります。
だから間違いではありません。

ただし、サイフォンの原理ではありません!

コーヒーサイフォン

コーヒー専門店くらいでしか見ることはないと思います。

これは熱膨張で下のガラス容器の水 (お湯) が上に押し上げられてコーヒーの粉と混ざり、冷めるとまたもとの下の容器にもどってくるというシステムです。
サイフォンの原理ではありません。

これとおなじことがみなさんの家のおフロ場のシャンプーやボディソープのボトルで起きています。

ボトルにお湯がかかると中のシャンプーやボディソープが外に出てきます。
つぎの日、お風呂にはいると床がぬるっとしていることがありませんか?
ボトルから漏れている、というより温められて、押し出されたんです。

そして、みんながお風呂から上がり、おフロ場の温度が下がってくるとボトルの中の空気もちぢんで、今度はおフロ場の湿った空気を吸い込みます。
これが中で結露して、水になります。
こうしてシャンプーやボディソープのボトル中は日に日に水っぽくなっていくんですね。

おかあさんが水を入れてるんじゃないですよ(^^)

こちらに書いてます↓

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (実験編。あたためるとシャンプーが外にもれる)

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (実験編。さめると外の空気を吸いこむ)

ソーダサイフォン

サイフォンで画像を検索するとこんな見慣れないものが出てきます。

siphon-1146339_640

ソーダサイフォンといって、炭酸ガスのカートリッジを取り付け、中の水に炭酸ガスを送り込み、溶かして「炭酸水 (ソーダ水) 」をつくる道具です。

これもサイフォンの原理じゃないですよ(^^)

炭酸ガスといえば、みなさんが1日24時間、1年365日出しつづけていますね。
水に息を吹き込めば「炭酸水 (ソーダ水) 」がつくれるのでしょうか?

残念ながら圧力をかけないとダメです。
買ってきた炭酸水、炭酸ジュース。
フタを開けるとあっという間に気が抜けていきますよね(^^)
それから人が吐く息は100%炭酸ガスではありません。
かなり酸素が残っています。
でなければ人工呼吸の意味がないですよね=^^=

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




シュポシュポ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です