海彦と山彦 ③ 釣り針さがし → 浦島太郎 ~ 古事記

fishhook 釣り針さがし

「釣り針」「見つかる」「玉手箱」

さて、釣り針さがしに来たはずが、美しい姫と結婚してそんなことは忘れちゃった山彦。

その後の竜宮城の暮らしは? 

竜宮城の暮らし

美しいトヨタマビメと結婚して楽しく幸せにすごしていた山彦ですが、気づいたら3年もたっていました。

さっちゃん
やっぱり、浦島太郎だわ!

山彦がふさぎこむ

幸せなはずの山彦がふさぎこむようになってきました。

トヨタマビメを嫌いになったのでしょうか? 
それとも、竜宮城の暮らしに飽きてきたのでしょうか? 

いえいえ、自分がなぜここに来たのか思い出したからです。

釣り針をさがしに来た

山彦は兄の海彦の釣り針をさがしに来たことを思い出しました。

さっちゃん
遅っ!

山彦の様子を心配してトヨタマビメはお父さんのワタツミに相談します。

ワタツミが山彦に事情をきくと、山彦は「釣り針をさがしに来た」ことを告白しました。

「なんだそんなことか! それならワシが魚たちに聞いてやろう! 」

🐠鯛の口から

海の魚たちが集められました。

「誰か釣り針を見たものはいないか? 」

「そういえば、鯛さんが喉になにか引っかかっていてごはんが食べられないといってました」

その鯛が呼ばれ、ワタツミが口の中を開けてみると釣り針が引っかかっていました。

ワタツミはその釣り針を取ってやりました。

「ありがとうございます。これでごはんが食べられるようになります」

さっちゃん
3年もガマンしてたのね! もっと早くいえばいいのに!
ひげおじさん
そもそも海彦山彦は魚や獣をまいにちつかまえていたのに、歓迎されるのも不思議なもんじゃ😄
クマ
いつも魚をつかまえやがって! 仇をとってやる! ってならなかったんだね😄

玉手箱🎁

山彦はふるさとに帰ることにしました。

ワタツミは山彦にいいます。

「釣り針を返すときにはわたしがこれから教える方法で返しなさい」

そして、「2つの玉がはいった箱」まで持たせてくれました。

さっちゃん
完全に浦島太郎だわ!
クマ
ところでトヨタマビメは置いてっちゃうの?
さっちゃん
そうよねえ!

サメに乗って中つ国へ帰る

来るときは船でしたが、帰りはサメが送ってくれることになりました。

因幡の白兎で「ワニ」と呼ばれてたやつですね。

故郷に帰り、海彦に釣り針を返す山彦ですが…

海彦と山彦 ④ 山彦 故郷へ帰る。兄との戦い

古事記。日本書紀 ~ 最初の入口。超かいつまんだお話

<Sponsored Link>

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




fishhook 釣り針さがし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です