マイクとスピーカーの設定と確認

mic マイク配列のプロパティ。聴く。このデバイスを聴く

「マイク」「スピーカー」「設定」「確認」

コントロールパネル

田 (windowsボタン) を押す。
controlと入力。

control panel

何度もつかってるとcだけで表示されます。

田 (windows) →「 」でコマンドランチャー!

サウンド

sound

サウンドをクリック

sound 再生

デバイスがたくさん出てきてどれだかわかりません。
おじさんのPCの場合は下から3番めのスピーカー Synaptics AudioがPC本体。
いちばん下のスピーカー USB PnP Audio Deviceがヘッドセットです。
スピーカーと書いてあるけど、ヘッドセットです😅
下から2番めのヘッドホンは引っかけです。
ヘッドホンはいわゆるイヤホンジャックに差しこむものです。

右のレベルメーターが動いているものだけが生きているものです。

録音タブをクリック

sound 録音

マイク USBをダブルクリック
 (選択して右下のプロパティをクリックしてもおなじです) 

mic マイク配列のプロパティ

レベル

mic マイク配列のプロパティ。レベル

レベルタブをクリック。
マイク配列はPC本体のボリュームです。
ここで変えてもいいし、本体のボリュームを操作してもおなじです。

マイクブースト
通常は最大にしておきます。
大きすぎる、音が割れるなどの問題があれば下げてください。

聴く

聴くタブをクリック

mic マイク配列のプロパティ。聴く。このデバイスを聴く   

「このデバイスを聴く」にチェック。
「適用」または「OK」を押す。

ノイズ

スピーカーからの音を聞くことができます。
マイクなどに異常があるときはブ~ンというノイズがはいることがあります。
自分では聞こえないのに相手にはずっとノイズが聞こえていることがあるので確認しましょう。

アプリやwindowsそのものを再起動しても鳴るときはマイクの故障、断線、USB接続不良などが考えられます。
電線がノイズを拾ってる可能性もあるので、マイクや電源コードなどを動かしてみましょう。
それでも変わらないときはマイクを疑ったほうがいいです。

ヘッドセットで直らないときは、イヤホンにしてマイクはPC本体についてるものにすると直る場合もあります。
相手がそのほうが聞きやすいと言えば、ヘッドセットにこだわらずPC本体についているマイクをつかいましょう。
このマイクは意外と高性能です。

静電気?

おじさんも相手にノイズで聞こえないと言われてはじめて気がつきました。
マイクに手で触るとノイズが小さくなります。
ということは静電気の関係?
またPCに差してあるLANケーブルを触っても音が小さくなります。
ネットでPCの静電気を除去する方法を探したけど、おじさんのPCはバッテリーが外せないので放電させることはできませんでした。
ヘッドセットを買い換えようかと思ったけど、なぜかそのあと自然に直ってしまいました。

このデバイスを聴くのチェックを外す

確認が終わったらかならずチェックを外して、「適用」または「OK」を押しておきます。
さもないとずっと自分の声がこだましてうるさいです。

Zoomのオーディオ確認

zoomには独自のオーディオ確認方法があります。

田→zoomでzoomアプリを立ち上げる。

zoom

設定

右の⚙歯車アイコンをクリック

zoom 新規ミーテイング zoom 設定

オーディオをクリック

zoom オーディオ

アプリを立ち上げたときに「オーディオの確認をする」というメッセージが出ることもあります。

マイクに向かってしゃべるとマイク配列のインジケータが動きます。
左下の「自動で音量を調整」にチェックをいれておけば、自動でやってくれます。

zoomで自動にしておくと音量が下がっていることがあります。
zoomを終了してskypeなどほかのアプリを使うときは、上のコントロールパネルからサウンドの確認と調整をしておいたほうがいいです。

オンライン ~ 一覧

さっちゃん
見てね!

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




mic マイク配列のプロパティ。聴く。このデバイスを聴く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です