天に向かってつばを吐く。自業自得。因果応報 ~ ブッダのつぶやき

天に向かって唾を吐く

「自業自得」「因果応報」「業」「カルマ」

人にしたことはかならず自分に返ってくる

ブッダ
人にしたことはかならず自分に返ってくる。風上に砂をまくように。

<スッタ・ニパータ 第3大いなる章。10. コーカーリヤ 662, 666>

「天に向かってつばを吐く」というのがいちばんわかりやすいですね。
「人を呪わば穴二つ」なんてのもあります。

コーカーリヤはサーリプッタとモッガラーナを憎んだために自分で掘った穴 (地獄) に落ちてしまいます。

人は口の中に斧を持って生まれてくる。

自業自得。因果応報

仏教的な意味はすこしちがうけどこの2つの言葉がよく言い表しています。

業。カルマ

業 (ごう) はサンスクリット語のkarma (カルマ) の訳で、良いことも悪いことも自分が「考え」、「口にし」、「行動してきたこと」の蓄積で、それらはすべて自分に返ってきます。

仏教では「身口意 (しんくい) 」といい、
「身」が「行動」
「口」が「言葉」
「意」が「考え」です。
順番からすると、「意」→「口」→「身」ですね。

来世とかではなく今の自分にすぐ返ってきます。

人を罵ったり怒鳴り散らしたらスッキリするかと思いきや、かえって嫌な気持ちになりませんか? 
呼吸は荒くなり、心拍は高くなって、ムダにアドレナリンが放出されて、自らの体を消耗し傷つけます。

極端な場合、激しい怒りで目が見えなくなったり、耳が聞こえなくなったりする人もいます! 

もちろん対人的にもこのような人はみんなから嫌われ、困ったことがあっても誰も助けてくれないでしょう。

なにも超自然的なことや、呪術的なことや、神がかったことではなく、いたって物理的にも科学的にも人の心理としても自然なことです。

いいことも悪いことも

自業自得というと悪い結果ばかりに使われがちですが、本来は「いいことも悪いことも」自分に返ってくるという意味です。

人にやさしくしておいて損はありません😄
「良い業を世間の通帳に貯金しておく」つもりで。
でも、「人にしてあげた」と思うことは忘れましょう。
そして、「人にしてもらったこと」は覚えておきましょう。

因果応報

「原因があって、結果がある」

これまた当たり前のことです。

似たようなことわざ

聖書

聖書にも同じような言葉があります。

「reap what you sow (まいた種を刈りとる) 」

これも「まいた種は刈り取らなければならない」と悪い意味で使われがちですが、かならずしも悪いことだけではありません。

良い種をまけば良い実りが得られる。
少しまけば少しだけ、たくさんまけばたくさん収穫があるという意味です。

「sow the wind, reap the whirlwind. (風に向かって種をまけば、つむじ風の報いを受ける) 」
この場合の「種をまく」は上とはちがい「風上に種をまくと風で自分に返ってくる」という意味です。

おなじreapでも、上は「刈りとる」、下は「報いを受ける」でぜんぜん意味がちがいます。

さっちゃん
さあ、世の中に種をまこうっと!
ひげおじさん
実りあるように!

今、お経がおもしろい! (一覧)~ブッダのつぶやき

<Sponsored Link>

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




天に向かって唾を吐く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です