人は口の中に斧を持って生まれてくる。口をつつしむ ~ ブッダのつぶやき

口の中に斧がある

「口」「斧」「つつしむ」

口をつつしむ

ブッダ
人は口の中に斧を持って生まれてくる。

<スッタ・ニパータ 第3大いなる章。10. コーカーリヤ 657>

口の中に斧がある

ブッダはいいます。

「愚か者は人の悪口を言って、自分を斧で切り裂くのだ」

もちろんじっさいに言葉を発するだけでなく、人のことを悪く思ったり、考えたりしても、けっきょくは自分自身を傷つけます。
人に向けた刃 (やいば) はかならず自分自身に返ってくるのです。

天に向かってつばを吐く。自業自得。因果応報

コーカーリヤ

コーカーリヤという修行僧がいました。

ある日、コーカーリヤはブッダにいいます。

「サーリプッタとモッガラーナは悪い心を持っています」

それに対してブッダは「まあそう言うな。かれらは良い心の持ち主だよ」といいます。

妬み (ねたみ) 嫉み (そねみ) 

ブッダはとくにサーリプッタとモッガラーナをかわいがっていました。
「人が死ぬことは珍しいことではない」と常日頃いっていたブッダでさえ、この2人が亡くなったときは泣いたといいます。

またブッダの弟子には元は他の宗派や師匠についていて、ブッダの教えに感動してブッダに弟子入りしたものが大勢います。
サーリプッタとモッガラーナもそうです。
サンジャヤという懐疑論者の弟子であり、250人もの他の弟子とともにブッダに帰依したのです。

コーカーリヤはそんな2人と他の250人の弟子を、うとましく思っていたのでしょう。

ブッダが取りあってくれないので3回も同じことをいいます。
ブッダの反応は変わりません。

おできが

3回めの苦言のあとすぐに、コーカーリヤの全身に「おでき」ができます。
最初は小さいものでしたがどんどん大きくなっていき、最後には膿と血が出て死んでしまいます😨

そして地獄へ

サーリプッタとモッガラーナに対して敵意を持っていて悪口を言いつづけたので、死んだあと「紅蓮 (ぐれん) 地獄」に落ちます。

このあと658から678まで延々と地獄の話がつづきます💦

厳密には「落ちる」のではなく、死んでから地獄に「生まれて」数えられないほど長い時間をそこで過ごします。
なので一応、終わりはあるようです。

地獄の話は悪行をさせないように作られた話だと思いますが、地獄に行くからではなく「悪いこと」だから、そして「自分自身を傷つけること」だからやめましょう! 

地獄と、とてつもなく長い時間はこちら

ひげおじさん
人の悪口をいうのはやめようね!
さっちゃん
自分が傷つくのね!

今、お経がおもしろい! (一覧)~ブッダのつぶやき

<Sponsored Link>

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




口の中に斧がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です