宇宙人は地球に来たか?いるのか?

aliens-36912_640

目次をご覧になりたい方はクリックしてください→

「宇宙人」「地球」「存在」

宇宙人は来ていないだろう理由

UFOとか宇宙人に遭遇したとかむかしからいろんな話があります。

宇宙人は地球に来たのでしょうか?
あるいは地球にいるのでしょうか?

おじさんは来ていないと思います。
いないとは言ってません。
宇宙のどこかにはいるけど、あまりにも遠すぎて地球まで来られない、来ないだろうというのが理由です。

あなた (地球人) が他の星に行くことを考えてみて

視点を変えてもしあなたが他の星に行くとしたら、他の星に行ったとしたらどうするか考えてみましょう。

必要なもの、こと

地球を出て他の星に行く動機、必然性

あなたは地球に住んでいるのにわざわざ膨大なリスクとコストをかけて宇宙に行きたいですか?
宇宙には酸素がありません。
宇宙船や宇宙服に穴が空いたとたんあなたはすぐ死にます。

真空中に放り出されたら起こること

想像もしたくないんだけど、酸素欠乏より恐ろしいことが。
気圧が下がることによりあなたの血液は沸騰します😱
まあ、1分以内には死ぬから長くは苦しまないだろうけど。

科学力がすごく進んでいること

空気のない真空中を移動するのだからそれを密閉する必要があります。
数百トンの金属の塊を、持ち上げる推進力が必要です。
宇宙には酸素がないので、燃料とべつに酸素も積みこまなければなりません。

爆発の危険性

じっさいスペースシャトルのチャレンジャーが爆発した事故は忘れられません。

宇宙空間で破壊、または地球に帰れなくなることも

おなじくコロンビアが再突入時に耐熱タイルが剥がれていたために空中分解してしまいました。

膨大な費用と労力と資源が必要

現代の地球の科学力なら火星にも行けるかもしれません。

でも、膨大な費用がかかります。

それはどこから出ているのか?

すべて国民の税金です!

貧困に喘いでいる人がいるのに、宇宙に行くのになぜ税金を投入するのか?
まず、地球にいて生活している人を助けるのが先でしょう。

宇宙船をつくる人、打ち上げセンター、コントロールする機械と人たち。
それだけコストかける必然性や動機が必要になる。

困難、障害

遠い!

いちばん近い月でも38万キロ!
人類が唯一たどり着いた地球以外の星です。

太陽と地球と月の大きさと距離 ~ ほんとはこんな感じ

おじさんもリアルタイムで月着陸を見て心躍らされましたが、人間が地球以外の星に降りたというだけのことです。

ひげおじさん
ウサギはいなかったんじゃなあ🐰
さっちゃん
ウサギが出迎えてくれればよかったのにねえ
クマ
クマが襲ってくればまた面白かったかも!🐻

いちばん近い恒星

プロキシマ・ケンタウリ

太陽系にいちばん近い恒星ですが4.2光年離れています。
光の速さでも片道4.2年かかります。
往復で8年。
あくまで光の速さで。

ロケットの燃料と、乗組員の食料、酸素など生きるために必要なもの

月に行くだけでも大変だったけど、何万年もかけて行くとなると、燃料と食料が大量に要ります。
半端じゃないです。
酸素も必要です。
地球上で当たりまえにあるものをすべて持っていかなければなりません。

太平洋をヨットで横断するのとは訳がちがいます。

宇宙滞在が長期になる場合、農園や牧場など地球上のものをそっくり宇宙船に載せるアイデアもあるけど、それはそれでまた大がかりになります。
どんだけ大きな宇宙船が要るのか?

ひげおじさん
まあケーキなんぞは食えんじゃろ🍰
さっちゃん
わたしはムリだわ!

宇宙船の故障、スペースデブリの衝突など

宇宙にはいろんなゴミが浮いています。

でも、ゴミもものすごいスピード、宇宙船もものすごいスピードで移動しています。
衝突すれば宇宙船にはカンタンに穴が空いてしまいます。
穴が空けば、空気が漏れる。
外壁だけではなく、宇宙船をコントロールする主要な部分にダメージも与える可能性がある。

地球上とおなじトラブルも

病気やケガ。
乗組員どうしの争い、場合によっては殺害。

長いこと狭いところに閉じこめられていたら何があるかわかりません。
1人のほうがまだいいかもしれません。

人はつまらないことで争うもの。

狭い空間で、乏しい物資でかならずや争いが起きるでしょう。

人の寿命

長生きしても100年です。
何万光年も離れたところに行くなら、何万世代も必要になります。
宇宙船の中で結婚して子どもを産んで育てていく。

リトル地球が必要になります。

地球にあるものをすべて宇宙船に乗せなければなりません。

病院や学校も要るでしょう。
悲しいかな。
警察や裁判所も要るかもしれません。
いや、要るでしょう。

そのうち自分たちはなんで宇宙船に「乗せられているのか」その目的さえわからなくなるでしょう。

いや、オギャーと生まれたら宇宙船の中。
宇宙船という意識さえないでしょう。

この宇宙を移動する家はどこへ行こうとしているのか?
そもそも「なんのために」そこへ行こうとしているのか?

もしあなたが他の星にたどり着いたらするであろうこと

人間とおなじような宇宙人がいないか必死でさがす

これが他の星に行くいちばん大きな目的ではないでしょうか。

資源を見つけたとしても、地球に持ち帰るのにかかるリスクとコストを考えるとぜったい合いません。
コスパ悪すぎ。

もし見つけたら?

仲良くなる

地球人は宇宙に1人ぼっちでさびしいのかもしれません。
それで他の星にも地球人に似た知的生命体をもとめるのかもしれません。

それ以前に、地球人どうしもっと仲良くすればいいのに。

手下にする。あるいは滅ぼす。

けっきょくこの可能性が高い。

でも、何万光年も離れた星を奪ったところでやはりメリットは何もないと思うけど。
食料、酸素のほか、武器や弾薬も積んでいかなければならない。

それよりは地球上の資源や環境を整えることに金と労力をつかったほうがいい。

人類が地球上でやってきたこととまったく同じ

おじさんは「スターウォーズ」を見たとき、すぐ「西部劇」を思い浮かべました。
人種差別の問題とかうるさくなったから宇宙に持っていっただけじゃん。
酒場にたむろする異様な風体の宇宙人たち。
思いきり西部劇に出てくる原住民ではないですか。

そこにやってくる白人のスターたち。

まさしく「スターウォーズ」

さっちゃん
うまい!座布団1枚!

太古の昔から人類は移動して、別の集団や民族に出会うと、うまく行けば仲良くなって共存共栄しますが、多くの場合どちらかがどちらかを滅ぼしてしまいます。

原始人の時代からそうだし、大航海時代のヨーロッパ人の侵略・殺戮・原住民の駆逐・抹殺を見ればわかります。

金銀をヨーロッパに持ち帰ることが目的だったけど、じっさいにはそこに住み着きました。
ヨーロッパにわざわざ持ち帰るのはめんどうです。
それよりはそこで生活したほうがいいです。

それは現代でも続いているし、この先も続くでしょう。

うかつに手を出しにくくなってきたのは、互いに相手を監視して牽制する世界になってきたからです。
また、兵器が強大になりすぎて、つかえば自らも滅びる可能性が大きくなってしまったからです。
ナイフや鉄砲で戦っていた時代とはちがいます。

地球は人類にとっては小さく、狭くなってしまったので、そこで兵器をつかえば自分も死んでしまう。
狭い家の中で火炎放射器や、爆弾をつかうと思えばわかりやすいです。
細菌兵器や、毒ガスも然り。

コミュニケーションを取るには?

同じくらいの大きさで、同じような組成物質でできていて、同じくらいの知的レベルであることが必要。

たとえばあなたが何年もかけて死ぬ思いで他の星にたどり着いたら、アリしかいませんでした。
あなたはアリとコミュニケーション取ろうとしますか?
しませんね。
できませんね。

もっといえば、目に見えない微生物しか存在していなかったら?

観察することはできても、コンタクトはできません。

握手もできません。
頭を撫でてやることもできません😄

だから人間と同じくらいの大きさで、同じような組成物質でできていて、同じくらいの知的レベルでないとコミュニケーションは取れないんです。

おなじ時間感覚であること

たとえば植物も生きていますが言葉が通じるかどうかということではなくて、時間感覚が人間と全然ちがいます。

人の目からは植物は動いているようには見えないけど、日々、いや時々刻々、光のあるほうに枝葉を伸ばし、地下に根を伸ばし、蔓草は何かに当たれば巻きついていきます。

植物

しかし、植物から見れば人間の動きは速すぎて見えないでしょう。
残像さえ残らない。

岩石

さらに、岩でできた「岩人間」がいたとしましょう。

かれらは100年に1センチくらいしか動くことができません。
人は長くて100年で死んでしまうのでやはり「岩」とはコミュニケーションを取ることができません。

そういう時間感覚が異なったものはコミュニケーションを取ることができないのです。

これらのリスクやコストをかけて行くだけの目的や動機があるでしょうか?

ないですね。

途中で燃料や食料が尽きて、宇宙を漂流。乗組員も全員死亡。
途中でスペースデブリに衝突。
宇宙船が故障して修理不可能。

何万年もかけてなんとかたどり着いたけど「だれも」いなかった。

いたけど、侵略者だと思われて攻撃されて地球人のほうが全滅させられてしまった。
いや、思われたのではなくそのつもりだったかも。

何ごともなく行って帰ってきたとしても、これだけの費用、だれが払うんですか?

宇宙に行くだけのお金と労力があるなら、地球に解決しなければならない問題のほうが山積みでしょう。

貧困。戦争。

おなじことは宇宙人がいても考える

宇宙は広いです。
どこかに知的生命体はいると思います。
いや、いるでしょう。

人間そっくりの形ではなくても。

でも、膨大なリスクとコストをかけて地球にやってくるでしょうか?
彼らにとってとても「おいしい」ものが地球にあるとわかっていて、それを奪いに来るならともかく、
ただなんとなく「どこかに宇宙人いないかなあ~」なんて散歩気分ではやってきません。

もし死ぬ思いで地球に来たなら?

かならずなんらかのコンタクトを取ります!

何万年もかけて、スペースデブリの衝突や、宇宙船の故障、船内の乗組員どうしの揉めごとなど乗り越えて、地球にたどり着いたのなら、
「友好」か「攻撃」のどちらかだとしても地球人の前に姿をあらわし、コンタクトを取ります。

こっそり人目につかないように地球を眺めてただ帰るなんてありえません。
それくらいなら、最初からやってこないです。

死ぬ思いではないけど、あなたが海外旅行に行ったら、空港の中を眺めて何もしないで帰ってくるなんてありえないでしょう。
いろんなものを見たり、食べたりするのが目的でしょうから。
異国の人と接触するのも楽しみの1つかもしれません。
空港内を眺めるだけならはじめから行きませんよね。

気軽に地球に来られるくらいの科学力が発達していたら?

興味がない

光速を超えたり、空間の歪みを利用して、時間もかけずにいともたやすく地球に来られるくらいに科学が発達した宇宙人がいたとします。

彼らは地球人とコンタクトを取るでしょうか?

取らないでしょう。

彼らが地球上でわれわれを発見したとしても、彼らにとってはとても「知的生命体」とはいえない、アリや、微生物未満の存在です🐜

「なんか地べたを這いずり回ってるやつがいるな」くらいのもんです。
対等には見ません。
いや、生命体として意識さえしないです。

われわれ地球人が、アリに話しかけたりしないのとおなじです。

まあ、なかには話しかける人もいるかもしれないけど、本気でアリが返事するとは思っていません。

資源が乏しく、世間話ができるような自分たちと同じレベルの知的生命体もいない。
かれらは、「ここは何もないつまらん星だな」といってさっさと他の星に行くことでしょう。

もし、地球が魅力的な星ならとっくに支配しているでしょう。

すでにいるかも

とっくに支配してる

もしかしたらすでに地球上にいるのかもしれません。
何万年もむかしから。

アリはじっと観察しててもべつに人間のことなど認識していません。
ちょっとつつけばそのときだけ、あわてて走るけど、おそらく「人間が自分をつついた」とは思っていないです。
「何かが自分に当った」くらいのもんです。

さっちゃん
やっぱりアリに話しかけてるのおじさんね🐜
ひげおじさん
バレた?たまにね😄
クマ
でも、返事はしてくれないんでしょう!
ひげおじさん
独り言じゃな💦

人間はAI搭載のアンドロイド?

そもそも「アンドロイド」って「人間もどき」って意味で、「人間」が「人間」に似せてつくったものです。
そして、AI (人工知能) だの学習能力などと言ってイキガッていますが、人間も「だれか」によってつくられた「アンドロイド」なのではないかと思うことがあります。

厳密には、androidは男性。
女性はgynoid (ガイノイド) といいます。
総称してhumanoid (ヒューマノイド) といいます。

神?

それを「神」と呼ぶ人もいます。

「神」とは「宇宙人」なのかもしれません。

人間が「神」と呼んでいる「宇宙人」が自分たちの姿に似せて、AI搭載の「アンドロイド」を地球にばらまきました。

人間が初期につくったロボットが金属やプラスチックでつくられたように、「神」はカルシウムの骨組みにタンパク質を盛りつけて「アンドロイド」をつくりました。
それはその星に多く存在する元素をつかうのが現実的だし、修理やメンテナンスも楽だからです。

体をコントロールするための電線には「神経」という有機的な電線がつかわれています。
エネルギーを各部に送るために、「血液」が流れる「血管」というものを配線しました。

そして、修理やメンテナンスがめんどうな「神」は、「自己修復機能」と「自己複製機能」を付加しました。
これで、ほっといてもかってに増殖していきます。

「神」はちょっと手を抜いたか、単なる小学生の夏休みの宿題だったのか、AIが雑でした。

学習機能はないに等しい

AIには学習機能を与えましたが、機能していません。
地球上のアンドロイドはけっして「学ばず」太古の昔から争いと殺し合いを繰り返してきました。
今も。
これから先も。

排他的、攻撃的

「アンドロイド」は他の生物をぞんざいに扱い、あろうことかおなじ「アンドロイド」どうしで傷つけあったり、殺し合ったりするんです。
増殖する一方、自分以外のアンドロイドおよび生物を破壊するという、バグがありました。
それともバグではなく意図的?
増えすぎても困るから、増えすぎたら適度に数を調整するようにそこまで計算済み?

そのアンドロイドたちは自分たちのことを「人間」と呼び、さらには「万物の霊長類」などとほざいております💦

人間は自分で考え、自分で判断し、自分で決めてるつもりだけど、じつは搭載されたAIの自動実行プログラムによって「動かされている」だけなんです。

カレーを食べるか、ラーメンを食べるか?
大した選択肢ではありません。
はっきりいってどっちでもいいです。

川面に浮かぶ落ち葉のようなもんで、ちょっと右に行こうか、左に行こうか悩んだつもりでも、気がついたらおなじ川下にいて、最終的におなじ海に出ます。

でも、人間は自分で選んだつもりでイキガッています😄

流されてるだけなんだけどね。

ああ、おじさんはここで新興宗教を起こそうとしてるわけでもなく、信者を募集してるわけでもないので誤解なきように。
入信をもとめてきても丁重にお断りします。

寿命があるのは?

いくら自己修復機能があるといっても限界がありますよね。

どんなものでも傷つき、壊れたり、腐ったりしていきます。
永遠のものはありません。

手足がなくなっても、頭が取れても生きていたら、世の中大変なことになります。
だから、賞味期限を設けて、限界が来たら破壊します。
その代わり、鮮度100%の「アンドロイド」をつくらせて、地球を健全に保ちます。

「アンドロイド」がのさばってるかぎり健全ではないんだけど。

人間とイキがらずに

自分も他人も低レベルのAIを搭載した「アンドロイド」だと思えば腹も立たないんじゃないですか?
焦ることもないんじゃないですか?
心配してもキリがない。
あなたの選択はあなたが思うほど大した意味もちがいはない。
行き着くとこは同じ。

川面を流れる落ち葉だと思って気楽に行きましょ!🌿🌊

さっちゃん
宇宙人の話じゃなかったの?
ひげおじさん
りっぱに宇宙人の話じゃ!
さっちゃん
こんな記事だれも読まないよね!
ひげおじさん
いや宇宙人が読んでおじさんを始末しに来る!
さっちゃん
映画の見すぎ😄

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




aliens-36912_640

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です