怒りの料理には手をつけない ~ ブッダのつぶやき

curse 罵り

「怒り」「罵り」「受け取らない」「返さない」

怒りの料理には手をつけない

ブッダ
怒りのディナーへの招待は辞退する。そうすれば、怒りの料理は招待した人が自分で食べる羽目になる

<サンユッタ・ニカーヤ 7篇 バラモンに関する集成 1章 敬わるべき人 2節 罵り 1-16>
<ダンマ・パダ 1章 ひと組ずつ 3-5>

罵る者バーラドヴァージャ

罵る者バーラドヴァージャはブッダに、思いつくだけの罵詈雑言をぶちまけました。
ところが、ブッダはそれを受け取りませんでした。
そして、このようにいいます。

「バーラドヴァージャさん。
あなたの家に親戚や友人が来ることはありますか?」
「えっ?…ときどき来ますけど、それが何か…」
「そのときかれらに料理を出しますか?」
「出しますよ」
「かれらが食べないで帰ったら、その料理は誰のものになりますか?」
「そりゃわたしのものです」

「そうです。
あなたが出した料理をお客さんが食べなかったら、それはあなたが食べることになります。
あなたが争論という会食にわたしを招待するなら、わたしはそれを受けるつもりはありません。
あなたと会食する気はありません。
あなたはぶちまけた料理を自分で食べることになります」

こうしてバーラドヴァージャはブッダに帰依します。

さっちゃん
バーラドヴァージャ。ちょれ~
ひげおじさん
ちなみにバーラドヴァージャは、経典を書いた人があとでつけた名前だそうじゃ!
クマ
お経にたくさん出てくるけど別人だよ。同姓同名

怒りを返さないのが最大の攻撃

怒りのキャッチボールの誘いには乗らない

議論好き、争い好きの人がいます。
とにかく誰彼となくケンカをふっかけてきます。

罵りの言葉に、罵りの言葉で返せばかれらの思う壺です。
争い好きの人にとって、相手が言い返してくれば大喜びです。

暖簾に腕押し。糠に釘

だから、かれらにとって最大の屈辱、苦痛は相手が何の反応もせず、何も投げ返してこないことです。

あなたが何もいわないとこういうでしょう。

「何とか言えよ!」

しかし、この意味は

「そのボール受け取って、こっちに投げ返してちょうだい!わたしを無視しないで。おねがい🙏」

です。

投げられたボールは取らない、拾わない、打ち返さない

怒りというボールを投げつけられたとき、もし取って投げ返したり、打ち返したりすれば、かれらは大喜びでまた投げてきます。

でも、怒りというボールを投げつけられても、ほっとけばボールは向こうに飛んでいってしまいます。
かれは、つぎのボールを投げるかもしれないけど、そのうちに持ち玉はなくなってしまいます。
1人で投げるのにもくたびれてしまいます。

そして、向こうに飛んでったボールを自分で拾いに行く羽目になります。

さっちゃん
キャッチャーもバッターもいない1人野球ね😄
ひげおじさん
好意のボールならいくらでも受け取るがな!

今、お経がおもしろい! (一覧) ~ ブッダのつぶやき

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




curse 罵り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です