アニスとスターアニス (八角) はちがうの!?

star anise

「アニス」「スターアニス」「八角」「茴香」「シキミ」

おじさんはアニスとスターアニスは同じものだと思ってました。
でも、50過ぎてからそれはちがうものだと知りました。

またアニスシードとか八角とかフェンネルとか茴香 (ウイキョウ) なんてのもあります。
これらをちょっと調べて整理してみました。

香りの主成分

香りの素はおなじです。

anethol (アネトール) 

化学式:C10H12O
じつにバジルにふくまれるEstragole (エストラゴール) の異性体です。

アニス (anise)

anise

セリ科ミツバグサ属
西洋茴香 (ウイキョウ) 

果実は「アニス果、アニシード、アニスシード (aniseed<anise+seed) 」といいます。

Ouzo (ウゾ) 

ギリシャのリキュール
蒸留酒に砂糖とアニスを加えます。

本来の原料はブドウなんですが、おじさんはウォッカに氷砂糖と八角を入れて同じようなものを作って飲んだことがあります😄

スターアニス (star anise)

star anise

これがみなさんが持っている「アニス」のイメージだと思います。
見たとおり「星型」をしているので「スターアニス」と呼ばれます。

さっちゃん
ちょっとキモい💦
ひげおじさん
干からびた足の多いヒトデみたいだよね😄

マツブサ科シキミ属
トウシキミ (唐樒) 、八角、大茴香と呼ばれます。
茴香という名前が付いてるけど、上の「アニス」とはまったくちがう植物です。

一般的にスーパーで見かけるのがこの八角で、中華料理などに使われます。

シキミ (樒、櫁) 

シキミ。実

日本に自生するシキミで同じマツブサ科シキミ属。
しかし、こちらは「猛毒」です! 
たちの悪いことに同じ八角形の実をつけます。

実はもちろんのこと、すべての部位が有毒です。
形が似ているからと食べないように。

劇物

植物の中で唯一、「劇物」に指定されています。

anisatin (アニサチン) という成分がはいっていて神経に影響を与えます。
化学式:C15H20O8

仏事に使われるので「木へん」に「佛 (仏) 」と書くこともあります。

シキミ。ハート

虫喰いのせいかハート型になったシキミの葉。

茴香 (ウイキョウ) 

fennel

fennel flower

鱗茎。食べられます。

fennel root

セリ科ウイキョウ属

英語ではfennel (フェンネル) といいます。

雑草

八角もどき
ひげおじさん
草刈りをしてたらいい香りがするんじゃ! これが!

葉が平面的に交互に生えてます。
シキミは放射状に葉が生えるし、葉に光沢があるのでシキミではなさそうです。

知ってる人がいたら教えてください✌

<Sponsored Link>

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




star anise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です