アブとハチの見分けかた

horsefly and bee

「アブ」「ハチ」「見分けかた」

スズメバチ!?

横 腹2
昔ながらの

昔ながらの地味な色

むかしはアブといえば深緑色と焦げ茶を基調とした、地味で森に溶けこむ配色だったんだけど、最近はオレンジ色のスズメバチもどきが増えています。
というよりこちらのほうが勢力を増しています。

保護色より、警戒色で勢力を伸ばしています。

アブといってもいろんな種類がいますがここではウシアブについて書きます。

もちろんハチは手で払ったりしないほうがいいですが、慣れてくるとちがいがすぐわかるようになります。
でも、アブだと思って不用意に刺激して刺されても責任は取れませんのでご了承ください。

アブとハチの見分けかた

顔と体

アブ

horsefly アブ顔2

ほとんど顔全体が目!
下品なサングラスみたい。
いわゆるハエの顔。

人間や動物の皮膚を切り刻み、血や体液を吸うための嘴 (くちばし) みたいな咬器 (または口器) がある。

触覚は目の下に鼻毛のように生えてる。

体は寸胴。
ハエとおなじ。

ハチ

bee ハチ

顔に対して目の大きさがほどほど。
眉毛のような触覚。

肉食のスズメバチなどはいわゆる「アゴ」というペンチ状のものがついている。
カマキリやカミキリムシとおなじ。

体はよくくびれています。
ウェスト3ミリくらい!
頭、胸、腹がはっきりしています。

さっちゃん
でも、飛んでたら顔わからないよねえ~
ひげおじさん
そうなんじゃ!

飛びかた

アブ

やたらに速く向こうに行ったり、もどってきて人の耳元をかすめて「ブ~ン」という音を誇示する。
「どうや!わし、メッチャ速いやろ!」
蚊のような虫はできるだけ人に気づかれないように近づくものですが、こいつらはあえて自己主張して人の反応を窺っているようです。

ハチ

ホバリングする。
目的の場所、たとえば花に飛んでいってそこで停止する。

人に対して

アブ

とにかく人のまわりを飛び回る。

ハチ

巣に近づかないかぎり人にあまり関心はない。

たまに好奇心で寄ってくるのがいるけど、人に止まったり、刺したりしない。
つい手で払ったりしても怒って攻撃してきたりはしない。

花の蜜を吸ってるときにそばで見ていても反応しない。
吸い終わったらつぎの花に移動するだけ。

単独かグループか?

アブ

基本的に単独行動。
ただ、人間の血が吸いたいので結果的に集まってきてしまうけどハチのように1つの巣の仲間がつるんでやってくるわけではない。

ハチ

巣に近づいてしまったときはワラワラと集団で出てくる。

蜜を集めているときは単独行動。
近くにチョウがいても攻撃したりしない。

1匹だけフワフワ飛んでるときはあまり恐れる必要はない。

ハチが刺すこと

ハチは人や動物を刺すのが目的でもないし、趣味でもありません。
人の血を吸ったり、肉をかじったりするのでもありません。

あくまで巣を守るため。

おじさんがハチに刺されるのは草刈りをしていて知らずに巣に近づいたか、巣を刈ってしまったときだけです。
正式名称は知らないけど、笹裏とかキイバチといって笹がたくさん生えている中の切り株によく巣を作るハチがいます。
このハチは威嚇が遅いのでだいたい刺されたときはすでに巣を刈ってしまっていることが多いです。
刺されてから、まわりにたくさんいるのに気がつくけど、巣から離れれば追いかけてくることはありません。
巣があったであろうところを惜しそうにたくさんハチが舞っているのが見えます。

ちなみにこのハチは98%手の甲を刺します。
手を刺せば草刈り機が止まることを知っているんでしょうか?
顔とか首はやられたことがないです。
あとは太ももが1回。

小さいながら毒は強烈です。
手袋の上から手を刺されたのに、刺された瞬間、手から心臓に電気が流れたような感じがして心臓が止まりそうになります。
刺されたあとは腫れて1週間くらい痛いです。
1年に1回はやられます。

といってるうちに今日はおでこをやられました。
はじめてです。
例のハチです。
草刈りするときは帽子、メガネ、マスクは必須ですね。
目じゃなくてよかった。

アブについて

目的

とにかく人や動物の血を吸うこと。
ただし、産卵のためのメスだけらしい。

だからとにかくしつこく、どこまでもつきまとう。

刺すのか咬むのか?

蚊やハチのように針で刺すわけではないけど、厳密には咬むのでもない。
だから咬器という表現も正しくない。
ビロンとぶら下がった口からノコギリ状のナイフを出して皮膚を切り刻み、出てきた血や体液を舐める。

蚊のように麻酔薬を注入して細い針を入れるのではないので、ナイフで切られた瞬間チクっとしてすぐ追い払う。
心ゆくまで血をなめることはなかなかできないので、いったん逃げてからまた何度も出血部分を舐めに来る。

シャツを着ていても手袋をしていてもその上からやられます。

腫れる?

人によっては齧られて舐められたところが腫れて痒くなったり痛くなったりするけど、これは毒液を注入されるわけではなくて、バイキンがはいるからでしょう。
おじさんは山で草刈りをしていたときは毎日10回以上はアブに齧られていたので、慣れてしまいました。

とくに腫れることはなかったけど、やられるときの痛みと、ずっとたかられるうっとうしさはたまりません。

手の甲と背中

体の露出部分といえば顔や首が多いのにもかかわらず、よく手の甲を齧られます。

その次に多いのが背中。
服を着ていても奴らは背中を齧ります。

手の甲をやられたときは反射的に反対の手で叩くと割とカンタンに叩けます。
死にはしないけど地面に落ちるのですぐ足で踏んですり潰します。

飛行

直線飛行速度は昆虫界の中でも群を抜いて速い。
しかし、無意味な速さ😄
あっちのほうへものすごいスピードで飛んでいったかと思うと、またすごいスピードでもどってくる。
でも、急停止できないので通り過ぎる😄

ホバリングしない。できない?

ハチのようにホバリングしないのですぐアブだとわかる。

バカの一つ覚え

おなじ経路を行ったり来たりする傾向がある。
だから、待っていれば叩き落とすことができる。

バドミントンのラケット

止まっているものを叩くのはむずかしい。
止まっている平面と叩く道具の平面がうまく合わないと隙間ができてしまうからだ。

でも、おなじところにもどってくるので、ラケットを構えていてアブがもどって来た瞬間に振れば叩き落とせる。
平らな板などだと空気抵抗で振るのが遅くなる。
また、場合によってはその空気によってターゲットのアブが押しやられてしまって面に当たらないこともある。

ラケットなら網なので振り抜きやすく、空気の邪魔もされずに、アブを空中で叩ける。
だいたい、バラバラになる😱
素振りの練習にもなります😄

おなじところに着陸する習性がある

どこかに止まっていて、人間が追い払ったり、あるいは叩きそこねて、逃げても「またおなじところにもどってきて止まる」習性がある。
だから、その場で手を上げて待っていると、向こうから律儀にやってきて手の下に着陸してくれる。

格好の餌食。

離着陸が下手

おなじ仲間のハエのように、ピタッと止まることができない。
どこかに止まるとき、垂直離着陸機のハリアーのようにゆっくり着地点に近づく。

だから、叩くのはこの時がいちばんいい。

奴は着地点に99%注意を向けているので外からの攻撃に無防備になる。

ゴーアラウンド (着陸復航) できない

着陸しようとしているときに狙われてもすぐに上昇したり移動したりできない。
ちょっとだけタイムラグがある。

着陸直後よりも、着陸する直前がいちばん叩きやすい。

形状記憶合金あるいはゴムまり

アブは足で踏んだくらいでは死なないどころか潰れもせず、足を上げたとたん飛んでいく。
すり潰すこと。

アブ叩きの道具

ナイス蚊っち

ナイス蚊っち

静電気で虫をしびれさせる道具。

もともと蚊を取るためのものだけど、うるさいメマトイやアブにもつかえます。

さっちゃん
わたしにもやらせて!

蚊やメマトイくらいの大きさだと電気ショックで死んだり、弾け飛んだりすることもあるけど、アブくらいの大きさになると痺れるだけ。
でも、短時間なら「イテテテ」という感じで地面に転がるので、すかさず足で潰します。

踏むだけではダメ。
すり潰すこと。

さっちゃん
そこはおじさんに任せるわ

叩くタイミング。コツ

着陸する直前。
待っていればおなじところにもどってくる。

ハエのように手をモミモミなどしはじめたら油断してるのでチャンス!

速い動きには反応するが、ゆっくりだと反応しない!

じっと息を殺して、素早く手を出すと逃げられます。
もしこの方法でやるならほんとに微動だにせず、いきなり高速で動く瞬発力と正確さが必要です。

ワイパーに止まっているのでワイパーを動かしてもそのままワイパーに張りついています。

また車のドアに止まっているとき、ドアを開けてもそのまま逃げずにくっついていたりします。
そういうときは動きを止めずにそのまま手を動かすと意外とあっさりと片付けられます。

アブに気づいてないふりでふつうに歩きながら、近くに来たらバンと叩く!

アブの謎

出張はしない

これだけ人間が好きなら家にやってきそうなのに、家には来ません。

森の中や野原でしか見ません。
だから、その場を離れればどこまでもついてくるわけではありません。
その範囲内ではとてもしつこいけど。

これはそこから離れられない理由がありそうです。

あくまでおじさんの想像にすぎないけど、たとえば産卵場所。
水場が必要なのではないでしょうか。
ヤブ蚊なら空き缶や雨樋に溜まった汚い水でもOKだけど、アブが家のまわりに現れないところを見ると、もっときれいな水でないとダメなのではないでしょうか。

ドライ

虫を潰すのはけっして好きではないけど害虫はやむを得ず潰すことがあります。
そのとき何が嫌かって、体液がブチュっと出ること。
見た目も気持ち悪いし、家の中だと掃除するのが大変。
虫の体液って樹脂みたいで意外と取れないですね。

でも、アブは潰してもほとんど水が出ません。
上にも書いたように、すり潰さないと圧縮しただけでは元にもどってしまう柔軟さ。
カブトムシみたいな頑丈さではなく、潰れるけど元にもどります。

都市伝説。迷信

最近は自分で経験もしてない、調べてもいないで、だれかが書いたネタをただコピペするサイトが多いです。
多いというよりほとんどがそう。
だいたい出どころはウィキペディア😄
一字一句おなじ、改行までおなじだったりする。

おじさんは毎日、山で草刈りをしていてアブにかじられるので何とか防ぐ方法はないかと調べて実践してみました。

迷信の数々

ハッカ (ミント) 

さっそくドラッグストアでハッカエキスを買ってスプレーをつくり、服や直接、体に吹いてみました。
まったく効果なし!
今までどおりかじられるし、止まってるアブにハッカを吹きかけてもカエルの面にションの如し。

トラロープ

オニヤンマが天敵?
トラロープはオニヤンマの模様に似ているから帽子につけとけば寄ってこない?
今までどおり寄ってきてかじられます。

そもそもオニヤンマがアブを捕食しているのを見たことがありません。

オニヤンマの好物がアブなら、人間にたかってるアブは格好の餌ではないですか。
しかし、アブにたかられてるおじさんにオニヤンマが寄ってきた試しがありません。

排気ガスが好き?

いえいえ、たしかに車のエンジンをかけると寄ってくるけど、マフラーに集まるアブはいませんよ😄
マフラーに集まって、有毒ガスと熱で死んでくれればこんな都合のいいことはないんですが。
熱や音をたよりに寄ってくるようです。
とうぜん草刈り機を回すとあっという間に集まってきます。

排気ガスが好きって、みんな誰かのサイトを見てそのままコピペしてるんですね。

ホソヒラタアブ

アブと名前がつくけど花の蜜を舐めます。
でも、ときどきミネラル補給のため人間を舐めに来ます。
ただウシアブのように齧らないので害はないです。

ミネラル補給 ~ 虫たち

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




horsefly and bee

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です