お茶の時間♨ “tea (ティー) “の語源は「茶 (ちゃ) 」

tea 茶

お茶の時間♨

“tea (ティー) “の語源は「茶 (ちゃ) 」

茶は中国が原産とされています。

国によって色んなふうに「訛り (音韻変化して) 」
チャ、チャイ (インド、ロシア、トルコ) 、ツァイ (モンゴル) 、テ (スペイン、イタリア、フランスなど) などと呼ばれます。

スペイン語では、te (テ) といいます。
イタリア語では、tè (テ) 。
フランス語では、thé (テ) 。なぜかhがはいってるけど読まない(^^)

日本では、「茶」といえば普通は「緑茶」を指しますが、
イギリスでは「紅茶」を指します。

「緑茶」も「紅茶」も同じ茶葉から!

実は、緑茶も紅茶も、同じ「チャノキ」から取れる葉っぱから作られています。

違いは、「発酵している」か「発酵していない」かです。

こう聞くと、緑茶がヨーロッパに運ばれる間に発酵しちゃったのかな? と思ってしまいますが、
そうではなく、茶葉を摘み取って最初の段階で加熱して発酵を止めてしまうか、加熱せずに発酵させるかの違いなんです。

おじさんは「茶刈り」といって、手で摘み取るいわゆる「茶摘み」ではなく機械で刈り取る仕事をしたことがあります。

刈って来た茶葉はすぐに広げるか、風を送らないと、熱がこもって茶葉の中にある「酵素」で自然に発酵が始まってしまいます。

これを「焼ける」といいます。

紅茶のいい匂いがしますが、もはや「緑茶」としての商品価値はなくなってしまうので、刈り取ったらできるだけ早く「加熱」して酵素を分解してしまう必要があります。

日本では「蒸して」発酵を止めます。

紅茶にするときは、「蒸さずに」ほっとくと、かってに発酵が始まります。

木から葉っぱを摘み取らないと (刈り取らないと) 発酵しないので不思議ですね。

theine (テイン) とcaffeine (カフェイン)

「テイン 」はあまり聞いたことがないと思うけど、お茶 (テ) から抽出されたのでこの名前がつきました。
「カフェイン」は、コーヒー (カフェ) から抽出されたのでこの名前がつきました。

ところが、後に「テイン」と「カフェイン」は同じものだとわかったのです。

だから、「緑茶」を飲むと、寝られなくなったり、トイレが近くなったりします。
緑茶は紅茶や、コーヒーと同じくらいカフェインを含んでいます。
ちなみに岡山弁で「コーヒーや緑茶のカフェインで眠れなくなる」ことを「ふられる」といいます。

「飲み過ぎたらふられるで」

なんと便利な言葉でしょう!

「お茶だから大丈夫」と勘違いして飲んでる人、いますね。

この記事のメインページはこちらです↓

英語の単語は丸暗記しなければいけないから覚えるのが大変? そんなことはないよ!

さっちゃん
ぜひ見てね!

<Sponsored Link>

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




tea 茶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です