通常通り。沿線沿い。重複~やまとことば

duplication-重複。.jpg

「通常通り」「沿線沿い」「重複」「逆転」

通常通り (つうじょうどおり)

ニュースでふつうに使われます。

でも、どう見てもおかしいです。

「通」は訓読みで「とおり」、「常」は訓読みで「いつも、つねに」といいます。
「通常」で「いつもどおり」という意味です。
さらにそのうしろに「どおり」がくっついてます。

「いつもどおりどおり」といってるのと同じです(^^)

文字で書くと明らかにおかしいのに、日常会話ではしょっちゅうこういう言葉が使われ、NHKのニュースでさえ使われます。

でも、ひとえに言葉の乱れとか、まちがいとかいえない理由があります。

音読み (漢音) と訓読み (やまとことば)

漢字には、だいたい音読みと訓読みの2種類があります。

中国から漢字がはいってきたときに、
音読み (おんよみ) は、文字と一緒にくっついてきた「中国語」の「読み方、音」で、
訓読み (くんよみ) は、その文字があらわす意味の「やまとことば (日本語) 」に相当する「よみ」を当てたものです。

「通」なら、
中国語の発音が「つう」。
意味から日本語に相当するのが「とおる」とか「とおり」ですね。

中国はとても広いです。地域によっても発音がちがいます。さらに、漢字がはいってきた時代によっても音が変わります。さらにその音を日本人が聞いて発音できる音に変換されています。

一般的な漢字は「漢音 (かんおん) 」と「呉音 (ごおん) 」があり、さらに「唐音 (とうおん) 」「宋音 (そうおん) 」があります。
もちろん現代中国語の発音ではありません。

現代中国語でさえ、標準語とされる北京語と、広東語、台湾語では全然音がちがいます。

みんながよく知ってる「你好」。「こんにちは」という意味ですが、北京語では「ニーハオ」。台湾語では「リーホー」
むかしビビアン・スーが言ってました(^^)

「訓」の訓読みは「よむ」です。つまり、「訓読み」は「よみよみ」といってるんですね(^^)
漢語は同じ意味の漢字を2つ並べることが多いです。
降下、下降、上昇、転倒、確認、学習、習慣、慣習など。

おじさんが知ってるはんいで、もっとも読み方が多い漢字は「下」です。
した、しも、ゲ、カ、おりる (おろす) 、くだる (くだす) 、さがる (さげる) 、もと
しかも「上下」は、「うえした」「じょうげ」「かみしも」と3通りの読み方があります。

音がちがうので、気がつかない!

同じ文字なのに、音読みと訓読みで「音」がちがうので「重複」していても気がつかないんです。

もし、「いつもどおりどおり」といったら、すぐおかしいと気がつくのに、「つうじょうどおり」なら音がちがうので聞いただけではおかしいと思いません。

いちがいに、単なるまちがいと言いきれないのは、音がちがうという理由だけでなく、「通常」が長くつかわれるうちに「とおり」の意味が消えてしまって「通常」で「いつも」という意味になってしまったということもあるようです。

でも、ニュースのテロップに文字で「通常通り」が出てくると気持ち悪いです。
そもそも、まちがいです。

天下のNHKでは、「平常通り」といってました。さすがNHK! と思っていたのに、近年では「通常通り」を使うようになってしまいました。「通常通り」が浸透して市民権を得てしまったといえますが、そこは頑張って「平常通り」を使いつづけてほしかったです。 (2018年現在)

ちなみに本家本元の中国では地域による発音のちがいはあっても、基本的に漢字の読みかたは1つしかないのでこのようなことは起こりません。
1つの文字を何通りにも読むのはおそらく日本だけだと思います。

ちなみに「重複」の読みは「ちょうふく」です。
「じゅうふく」とも読まれますが、これもやがて市民権を得ていくのでしょう。

いろんな例

沿線沿い。そもそも、「線路沿い」を「沿線」というのですが、「えんせんぞい」だとおかしいと思わないんですね。
おなじように「沿岸沿い」もあります。

骨を骨折する。いわずもがな。
昔話を話す。
食べものを食べる。
学校に登校する。
会社に出社する。
山から下山する。
伝言を伝える。
今年の冬は暖冬でした。
入梅に入る。
残党が残っている。
頭痛が痛い。
腹が腹痛だ。
今、現存する。
馬から落馬する。

こんな言葉遊びがありました。

「いにしえの昔の武士の侍が、黒い白馬にまたがって、馬から落ちて、落馬して、骨を折って、骨折し、曲がった道をまっすぐと、一人の兵隊ゾロゾロと、前へ前へとバックする」

定着してしまったもの

名詞

日日 (ひにち) 

「ひ」が訓、「ニチ」が音です。
これが「ひひ」とか、「ニチニチ」なら「おかしいな? 」と思うのですが、「ひ」と「ニチ」の音がちがうので気にならないんですね。
漢字で書くと気持ち悪いので、ふつうは「日にち」と書きます。

おなじ漢字で「ひび」とも読みます。
こちらは、「日々」と書きます。

出出し (でだし) 

これもしゃべっているときは気にならないんだけど、漢字で書こうとしたときに「あれ? 」っと思いますね。
これも気持ち悪いので「出だし」と書きます。

こちらは両方とも「訓読み」です。

御御御付け (おみおつけ) 

さっちゃん
何これ😄

本来の意味が薄れてしまうと、そこにまた「御」をつけてしまったりするんですね。

御御足 (おみあし) 、御御輿 (お神輿、おみこし) 、御御酒 (お神酒、おみき) などもともと「御」がついていたのに「神」という字に置き換えられたことで、さらに「御」がついてしまったものもあります。

「おご飯」という人もいるけどやめましょう😄

動詞

歌を歌う

歌を歌うことを「歌う」というので、「歌を」は要らないんだけど、なぜか定着してしまっています。
「歌う」だけで意味が通じます。

「食べものを食べる」とおなじ仲間ですね。

数を数える

これも、数を数えることを「数える」というので、「数を」は要らないんだけど、定着してしまっています。
これも、「数える」だけで充分です。

意味が180度変わってしまうもの

防火を防ぐ。
防腐を防ぐ。

さっちゃん
字を見たらおかしいってすぐわかるのにね(^^)

熟語が別の意味を持ったため、間違いとはいえないもの

・犯罪を犯す。

そもそも「罪」を「犯す」ことを「犯罪」というのですが、「罪」が道徳的なものにいうのに対して、「犯罪」は「法律上の罪」という意味を持つようになったので、まちがいではありません。

・前線の前、後ろ

気象でつかわれるcold front (寒冷前線) などの「前線」は「気団の境目」という意味なので、「前線」の「前」や「後ろ」があります。
「寒冷前線の前では激しい上昇気流のため、積乱雲が発達します」などといいます。

・着物を着る

「着物」が「着る物」ではなく「和服」という意味に限定され、定着してしまったのでしかたありません💦

・飲み物を飲む

これも「コーヒーを飲む」「お茶を飲む」「酒を飲む」なら問題ないんだけど、「飲み物」が「飲むもの全般を指す」言葉になってしまったのでやむを得ません=^^=

・焼き芋を焼く

う~ん。これも苦しい(^_^;)
「芋」を「焼いた」から「焼き芋」になるんだけど、
「芋を焼く」では即物描写で、「焼き芋を焼く」だと「焼き芋」という特定の調理方法による食べものを表すのでいたしかたありません💦

「お湯を沸かす」に近いものがありますね。
英語では「boil the water (水を沸かす) 」というけど、日本語では「お湯を沸かす」で正しいのです! 
理屈っぽくいうと「水を沸かした結果、お湯になる」んだけど、日本語では「お湯を沸かす」です! 

ひげおじさん
言葉は生きてるものだし、会話ではしかたないけど、文字にするときは少しは気にしてくれたまえ!

やまとことば~一覧はこちら

<Sponsored Link>

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




duplication-重複。.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です