きれかった? ちがかった?~なんか変?

「きれかった」「ちがかった」「形容詞」「形容動詞」「動詞」

活用の混乱

正しくはそれぞれ「きれいだった」「ちがっていた(違っていた) 」です。

言葉の乱れ? 

「最近の若いもんは! 」

大昔の遺跡からもこの言葉が出てくるそうです(^^)
みんな自分がいま話している言葉が正しいと思ってるけど、ちょっと時代を遡るとあなたがしゃべってる言葉ももともとは「まちがい」です(^^)

これは単なる言葉の乱れなんでしょうか? 

そうとも言えない

文法的にはあきらかに「まちがい」ですが、そうとも言いきれないんです。

混乱する原因がある

というのも、この「まちがい」をする人がけっこういるんです。
それには何か理由がありそうです。

形容詞と形容動詞

両方とも、物の「状態」や「様子」を表現する言葉です。

「とてもきれい」のように語末で終わる言いかたもあるし、
「きれいな花」のように、名詞を修飾する使い方もあります。

形容詞と形容動詞は機能としては同じもので、「活用」の仕方が違うということだけで区別されています。

形容詞

語尾が「い」で終わる

「大きい」「美しい」「遠い」「重い」など。

活用

 (かろ) 。かっ。く。い。けれ

大きかろう。大きかった。大きく。大きい。大きければ。

のように変化します。
これは他の形容詞も同じです。

ただ、現在の標準語では「大きかろう」の用法は使われることはなくなってしまいました。
西日本では、今でも使われています。

標準語では、「大きいだろう」という言いかたに変わってしまっています。

古語では「大きかれ」「美しかれ」のように、「命令形」さえ存在しました。

現代語ではなんと言えばいいのでしょう。

「美しくありなさい」…なんか変ですね(^_^;)

形容動詞

働きは形容詞と同じなのに、「形容動詞と「動詞」という言葉がついているのは、「助動詞」の「だ」が後ろにくっついて、これが「活用・変化」するからです。

したがって、形容動詞の語幹は「変化しません」! 
これがとても重要! 

たとえば「きれい」という形容動詞は、「きれい」の部分は変化しません。
後ろの「だ」だけが変化します。
こんな感じです。

きれい「だろう」。きれい「だった」。きれい「だ」。きれい「な」。きれい「なら」。

ひげおじさん
さっちゃん。ここでなんか気がつかない?

さっちゃん
さいごが「い」で終わってる!

そうなんです。
たまたま「きれい」という言葉は「い」で終わっていたため、形容詞と混同されてしまうんです。
「大きい」や「美しい」と同類だと思われてしまうんですね。

形容動詞で語幹は変化しないのに、形容詞と「こんがらかって」、「い」を活用させてしまった結果、

「きれかった

になってしまったんです。
正しくは、

「きれいだった

です。

形容動詞の例としては、「静か (だ) 」「穏やか (だ) 」「変 (だ) 」「妙 (だ) 」などがあります。

「変」や「妙」のように、「名詞」+「だ」も「形容動詞」として捉えられるので、そこは曖昧な部分があります。
言いかえると、「名詞」に「だ」をつければ「形容動詞」が作れるということです。

動詞

さて「ちがかった」のほうに行きましょう。

「違う」は動詞です。

「走る」「食べる」と同じ仲間です。

動作と状態

ただ、「走る」「食べる」と文法的には同じ仲間で、同じように活用するんだけど、なんかちょっと「違い」ますね(^^)

動作

一般的な動詞は、「動き」「動作」を表します。
だから「動詞」と名づけられたんです=^^=

「見る」「動く」「寝る」など。

状態

それに対して、「違う」という言葉は「状態」を表しています。

なので、動詞の活用としては「迷う」「舞う」とまったく同じで、次のように「活用・変化」します。

「違 (わ) 」ない。「違 (い) 」ます。「違 (う) 」。「違 (う) 」とき。「違 (え) 」ば。「違 (え) 」。「違 (お) 」う。「違 (っ) 」た

動詞の形容詞化 (過去形) 

この最後の「過去形」の「違った」がクセモノです(^^)

過去形 (過去分詞形) の形容詞的用法! 

「違った」景色。「違った」気分。のように、「形容詞的に」使われることが多いんです。

このように、「動詞の過去形」で後ろの名詞を「形容詞」のように修飾する使いかたがあります。

たとえば、「壊れた」おもちゃ。「のびた」ラーメン。「拾った」栗。「笑った」顔。などなどです。

これは英語もまったく同様で、broken toy, baked eggのように「過去分詞」で「形容詞」のように使われます。
むずかしく考えることなく、そのまま「過去形っぽく」訳せば、日本語と同じになります。

「壊れた」おもちゃ。「焼いた (焼かれた) 」卵。のように。

過去形っぽくない

「違った」は「間違いなく」過去形なのに、上に書いたように「形容詞」っぽく使われることが多いので、「過去形」っぽさが表現できません。

「声をかけたら違った」でいいんだけど、「過去の出来事」っぽさが消えてしまっているので、それを表現したい。

それなら

「声をかけたら違ってた」と言えばいいんです。

意味上の形容詞との混同

「活用」としては「動詞」なんだけど、意味が「形容詞」っぽいのと、「違った」が「形容詞」風に使われるので、形容詞の「過去形」に無理やりしてしまうんですね(^^)

そこで出てきた言葉がこれです(^^)

「違かった

言葉は生きてる

そんなこんなで「違かった」という言いかたが出てしまうのも仕方ないけど、「きれかった」はどうなんでしょう? 
あと、「違くて」…
これはちょっとまずいですね(^_^;)

しかし、言葉は生きているものです。

時代の変化とともに、消えていったり、新しく生まれたり、あるいは変化していきます。

言いまちがえで混乱が生じないようであれば、それはやがて定着していくでしょう。
もちろんあなたが無理に言いかたを変える必要はありません。

ただ、新しい言葉や使いかたが、たとえ誤用であったとしても、出てきて定着するならそれは避けられないことです。

あなたが今、正しいと思って使ってる「得る (える) 」や「とても大きい」もちょっと前までは「まちがい」ですからね(^^)

ひげおじさん
言葉は生きてるんじゃ!

さっちゃん
どんどん変わっていくものなのね!

すごい大きい? すごく大きい? はこちら

やまとことば~一覧はこちら

<Sponsored Link>

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です