ドイツ語の目的語の順番 ~ おじさんバージョン

word order object 目的語の語順

「ドイツ語」「目的語」「語順」

ドイツ語の目的語の順番

ここでは

△=3格=与格「~に」=間接目的語
□=4格=対格「~を」=直接目的語

とします。

動詞

「間接目的語 (~に) 」と「直接目的語 (~を) 」を同時に取れる動詞なので、

geben (与える) 
zeigen (見せる) 

などがつかわれます。

① 基本は△・□の順

人物

「人に」「物を」の順番です。

「人物」とおぼえましょう。
人には動物などもふくまれます。

Ich gebe △ihrem Hund □einen Apfel.
英 I give her dog an apple.​

 (彼女の) △犬に、□リンゴをやる。

②「代名詞」が先

どちらかが「代名詞」なら、「代名詞」が先です。

Ich gebe ○ihm einen Apfel.​
英 I give him an apple.​

(犬) に、リンゴをやる。

Ich gebe ○ihn ihrem Hund.​
I give it to her dog.

それ (リンゴ) を、犬にやる。

③ どちらも代名詞なら□・△

Ich gebe □ihn △ihm.
I give it (the apple) to him (her dog).

それ (リンゴ) を、 (犬) にやる。

□「物を」が先で、①の基本と「逆」になります!

 (出典:Duolingo Body 1) 

英語は冠詞の格変化や日本語のてにをはに相当するものがないので、語順が命です。
単語の位置で、主格、目的格などが決まる言葉を「孤立語」といいます。
中国語もその仲間です。

I give you it. (あなたにそれをあげる) 
を入れ替えると
I give it to you. (それをあなたあげる) 
のように前置詞が必要になります。

I give it you.
だと、
「それにあなたをあげる」
という意味になってしまいます。

さっちゃん
とても覚えられないわ!
ひげおじさん
英語とちがって冠詞で何格かわかるから、語順がちがってもわかってくれるよ!
クマ
日本語でも、「やる、犬に、リンゴを」みたいに順番を変えてもわかるよね!
ひげおじさん
極端な話「リンゴに犬をやる」といっても、「えっ?」と思うけど、「犬にリンゴをやる」と言いたかったんだということはわかるよね!

ドイツ語の冠詞と日本語のてにをは

ドイツ語 ~ 一覧

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




word order object 目的語の語順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です