ヘルメットの分解・洗濯 ~ Tour Cross-3 アライ

サンバイザー。シールド

「ヘルメット」「分解」「洗濯」「ツアークロス」

ヘルメットの分解 ~ Tour Cross-3

取扱説明書と各部名称がとてもわかりにくいので自分のメモ代わりに書きました。

ヘルメットやバイクはもちろん、機械を分解するときは写真を撮りながらメモを取りながらやりましょう。
元にもどらないことがあります💦

上下左右がわからなくなったり、ネジがあまることも。

サンバイザーとシールドを外す

硬貨をつかってTXネジを外します。

TXネジってなんぞや!?と突っこまない。

TXネジ。硬貨

ぜんぶ緩めなくても外れます。

サンバイザー。シールド

Uリング (熱帯魚みたいな形の黒いプラスチック🐠) はくっついてるけど洗ってるときになくすといけないので外しておきましょう。
向きがわかるように白いベースプレートにマジックで絵を書いてます。

Uリング

TXネジはバイザーに金具でついているのでそのままにしておきます。

サンバイザー。TXネジ

システムパッドを外す

システムパッド。ストラップ

このシステムパッドが何のことやらわからなかったんだけど、何のことはない。

「耳あて」です。

さっちゃん
ちぇっ!耳あてかよ!
ひげおじさん
ほんとにわかりにくいんじゃ!
クマ
カタカナ言葉つかえばカッコイイと思ってるんだろうな!

せめて「イヤー・パッド」くらいにしてくれればなんとなくわかるんですが。

前のほうを後ろに引っ張るとフックが外れます。

システムパッド。前方ロック

前に引き出します。

外したシステムパッド (耳あて) 

システムパッド。左右 システムパッド。左右2

パッドカバーを外す

発泡スチロールの本体を覆っている布です。

外すのはカンタンだけど取りつけるときに左右と向きがわからなくなるのでしっかり写真やメモを取っておきましょう。

ETポイントの位置を確認しておく

システムパッド。ETポイントラベル

また訳のわからない言葉が出てきました。

ETはEmergency Tabの略で、緊急時に首に負担をかけないようにヘルメットを脱がすためのものですが、救助者がそれを知らなければ意味がありません。

オレンジ色の「タグ」です。

オレンジ色の紐のほうが「エマージェンシー・タブ」です。

システムパッド。組

まわりをめくって

システムパッド。本体

真ん中の四角い部分を引き出せば外れます。

システムパッド。カバー。タグ

本体にもカバーにもL, Rのラベルがついていますがカバーの上下左右の向きがわかるように覚えておきましょう。

システム内装

頭頂部のクッションです。

システム内装。スナップ2

ヘルメット本体と4カ所、黄色いスナップで留っているので外します。
引っ張れば外れます。

システム内装。頭頂部 システム内装。頭頂部2

ヘルメット本体のスナップ取付位置

ヘルメット。スナップ

ストラップカバーを外す

ストラップ

あご紐のことです。

カバーハンガー

ストラップカバー。取り付け具。カバーハンガー。

ストラップカバーについてる黄色いプラスチックの取り付け具です。

ストラップカバー。金属製アンカー

スナップとおなじように上にめくれば外れます。

ストラップがついてるほうは金属製アンカーといいます。

おじさんは左右と裏表がわからなくなるといけないので、マジックで書いてます。
どうせ見えないところなので書いておいたほうがいいです。

あご紐。ストラップカバー

ストラップから抜き取ります。

外れません

首周り

これは首の後ろのクッションにつながっている部分なんですが、前は抜けても後ろは外れないのでムリに引っ張らないように。

洗濯

内装やカバーは中性の洗濯用洗剤でやさしく手洗いします。

水でよくすすいで、水分を取ってから日陰に干します。

ヘルメット本体は中性の台所用洗剤で洗い、やはりよくすすいで、水分を取ってから日陰に逆さに吊るして干します。

どうせ屋外の日向で使うものですが、内装部分を長時間太陽にさらすのは良くないようです。

できるだけ乾燥して天気のいい日に

当たりまえだけどヘルメット本体はとくに乾きにくいので、せっかく洗濯しても乾きが遅いと「生乾き」の匂いになってしまいます。
頭にかぶるものなのでとくに匂いは気になりますよね。

梅雨時などはむしろ洗わないほうがいいです。
よけい臭くなります💦

せめてカビが生えないように風通しのいいところに保管しておきましょう。
梅雨時はバイクに乗らないからと押し入れにしまったりするとほんとにカビが生えますよ。

組み立て

外したときと逆にすればいいだけです。

さっちゃん
えっとお…どおだったけなあ?
ひげおじさん
もう忘れとる😄

各部名称

まったく意味のわからない名前ばかりなので書いておきます。
いやほんと、名前をつけた人のセンスを疑います。

ブローシャッター

シールド上部のシャッターです。

blow shutter ブローシャッター

おじさんなら「シールド・シャッター」にします。

手動で「下」にすると開きます。

これもナンセンスで、ふつうは「上」で「開」、「下」で「閉」です。

電気のブレーカー、水道栓などを見ればわかるとおり、可動部は重力で下に行こうとし、手や何かが当たると下に動く可能性があるので、「下」で電気を「切ったり」水道を「止めたり」するように設計します。

これが逆だと、知らずに蛇口に手があたって、水が出っぱなしということになります。
古い蛇口ではそれがあり、おじさんも半日くらい台所の水が出っぱなしということがありました。

TX-3シャッター

まったく何のことかわかりません。

TX-3シャッター

口の部分の空気取入口です。
どうしてもカタカナにしたいなら「マウス・ベンチレーション」とか。
「口部空気取入口」がいちばんわかりやすいですけどね。

TX-3シャッターは論外です。

これも「下」が「開」なので、おじさんはいつも迷います。
ふつうは「上」が「開」、「下」が「閉」です。
「このヘルメットは逆だ」と意識しないと開けたつもりが閉めてる。

インナーシャッター

TX-3シャッターの内側のシャッターです。

inner shutter インナーシャッター

これも「下」が「開」です。

induction mode

さあ、みなさん英語の辞書を用意しましょう。

両方開けると、直接口に空気が当たります。

defrost mode

外側を開けて、内側を閉じると風は上に上がって、シールドの曇りを取るそうです。

frostは「霜」
defrostは「霜取り」
いえいえシールドに霜がつくようなら、温風を当てないと溶けません🍧

F・F・Sスリット

何ですか?

F・F・Sスリット

顎の横あたりにある換気口です。
「前」が「開」

TDF3ダクト

はいはい。

TDF3ダクト

頭の上についてる換気口です。

「前」が「閉」、「後ろ」が「開」です。
ヘルメットを床に置いたりするとちょうど当たる位置なので、知らない間に切り替わっています。

MD-2シャッター

頭に後ろのほうにあるつまみです。

「外」が「開」です。

排気口らしいです。

MD-2シャッター
さっちゃん
だれもわからないわ!
ひげおじさん
カッコよくもなんともない!

バイクメンテ・テクニック ~ 一覧

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




サンバイザー。シールド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です