それって日本語?~ 歴 (れっき) とした日本語!

rekki 歴とした

「歴とした」「日本語」

外来語ではなく歴とした日本語

歴 (れっき) とした

「れき」→「れっき」の音変化。

  1. 確かなものとして世間から認められているさま。
  2. 隙きがなく整っているさま。

こう見えてもおじさんは歴としたプロのギタリストだ。

→歴然 (れきぜん) 。紛れもなくはっきりしているさま。

日本語と言ってもやまとことばではなく、漢字とともにはいってきた漢語 (中国語) を元にした言葉ですね。

まぶ

マブダチとか、マブい女とかいいますね。

  1. 仕事などがうまくいくこと。また、そのさま。
  2. 美しいこと。また、そのさま。
  3. 真実であること。本物であること。また、そのさま。

眩い (まぶい) 

  1. 容貌が美しい。
  2. 仕事などがうまくいく。都合がよい。

近世語 (近世日本語) 

17~19世紀半ば。
中世と現代の中間。
上方 (京都、大阪) が政治・文化とも日本の中心だったが、江戸幕府が開かれて東に中心が移った。
それとともに言葉もそもそも「東の方言」が日本の標準となっていく。

てっきりヤンキーの言葉だと思っていたけど、まぶな (真実の) ダチ (友達) →マブダチ、と考えると由緒ある言葉に見受けられます。

「眩い (まぶい) 」は当て字と思われます。

本来はつぎの読みです。
「眩しい (まぶしい) 」
「目が眩む (くらむ) 」

「眩しい (まぶしい) 」は「目映い (まばゆい) 」からの変化と思われます。
まばゆし→まばゆい→まぶしい

ちなみに「可愛い (かわいい) 」も当て字で次のように変化しました。
顔映ゆし (かおはゆし) →かはゆし (かわゆし) →かわゆい→かわいい

現在でも、ふざけて「かわゆい」と言ったりしますがじつはこのほうが元の音に近いんです。

てれこ

さっちゃん
テレコミュニケーション!
ひげおじさん
残念!

「てれこにする」などといいます。

てっきり、おじさんも英語のteleなんたらかんたらの略だと思っていました。

しかし、これも歴とした日本語!

  1. 互い違いにすること。食い違い。あべこべ。
  2. 歌舞伎で1幕ごとに2つの話を交互に展開していくこと。

現在では、「入れ替わってる」「2つのものを反対にする」というような意味で使われることが多いようです。

参考:デジタル大辞泉

ひげおじさん
見つけたら書き加えていくよ!

やまとことば ~ 一覧

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




rekki 歴とした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です