海彦と山彦 ⑤ トヨタマビメ 会いに来る「見るな!」~ 古事記

ugaya ウガヤフキアエズ

「見るな」「見たな」「トヨタマビメ」「ウガヤフキアエズ」「タマヨリビメ」

「見るな! 」といわれれば見たくなる。

「鶴の恩返し」を思い浮かべます。

イザナギもイザナミの正体を見て逃げだします! 

黄泉帰る (よみがえる) → 「見るな!」3枚のお札

さて、海彦との戦いが終わり山彦が中つ国を治めることになりました。

トヨタマビメが会いに来る! 

トヨタマビメが山彦に会いにきました! 

子どもができてそろそろ生まれるので来たのです。

山彦はおおよろこびで子どもを産むための産屋 (うぶや) を立てはじめます。

さっちゃん
ああ、よかった! トヨタマビメのことなんか忘れてまたほかの女と結婚するのかと思った!
ひげおじさん
古事記にそまってしまったな(^_^;)

でも、屋根が葺きあがるまえに産気づいてしまいます。

見るな! 

トヨタマビメはいいます。

「わたしたち海のものは子どもを産むときもとの姿にもどって産みます」

つづけていいます。

「けっして中を見ないでください! 」

クマ
出た! 「見るな! 」の話!

見たな! 

でも、「見るな! 」といわれると「見たくなる」いや「見てしまう」のが人間も神さまも逃れられない宿命。

山彦はすき間から中をのぞいてしまいます! 

巨大なサメが! 

なんと中にいたのは巨大なサメ! 

サメがのたうち回って出産しているのです! 

山彦はビックリして大声をあげて逃げ出します! 

さよなら! 

トヨタマビメは自分の姿を見られたことをとても恥ずかしく思い、生まれた子どもをのこして故郷のワタツミの国へひとり帰っていきます。

さっちゃん
子どもは残していったのね💦

ウガヤフキアエズ

子どもの名前は鵜葺草葺不合命 (ウガヤフキアエズ) といいます。

「屋根を葺きおわらない」うちに生まれたのでこう名づけられました。

タマヨリビメ

ワタツミの国へ帰ってしまったトヨタマビメですが、子どものことが心配でなりません。

そこで、自分の妹のタマヨリビメを使いに出し、子どものめんどうを見てもらうことにしました。

さっちゃん
ウガヤフキアエズのおばちゃんっていうことね! 

でも、トヨタマビメは2度ともどることはありませんでした。

後日談

山彦は580歳まで生きたそうです。

ウガヤフキアエズは自分の世話をしてくれたタマヨリビメと結婚して4人の子どもをもうけます。

さっちゃん
おばちゃんと結婚したのね!
ひげおじさん
出てくる登場人物はつぎからつぎへと結婚する物語だね(^_^;)

ひとまずここでこの話は終わります。

ほかの話もぜひ見てくださいね✌

古事記。日本書紀 ~ 最初の入口。超かいつまんだお話

<Sponsored Link>

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




ugaya ウガヤフキアエズ

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です