Duolingo Deutsch (デュオリンゴ ドイツ語) ~ おもしろフレーズ。発音。他

目次をご覧になりたい方はクリックしてください→

「Duolingo」「デュオリンゴ」「ドイツ語」「おもしろ」

おもしろフレーズ

むかしから外国語の例文 (フレーズ) は現実的でないものが多いです。

英語の教科書にはこんなのがあたりまえに載ってました。

Am I a girl? わたしは少女ですか? 
No, you are a boy. いいえ、あなたは少年です。

ありえへん😄

無料で外国語を勉強できるデュオリンゴ。
おじさんはドイツ語を勉強しています。
その中で笑えるフレーズをすこしずつ載せていきます。

また、ありえない内容なので耳を疑い何度も聞きかえしてしまいます。

あなたは〇〇です篇

上にも書いたけど「あなたは少年です」なんてことばはどこの国のどの人も一生にいちども使わないでしょう。

Du bist ein Mann.
あなたは男です。

Ihr habt Wasser.
あなたたちは水を持っています。

わたし (たち) は〇〇です篇

Wir sind laut.
わたしたちはうるさいです。

さっちゃん
わかってるなら静かにしろよ~😄

Ich schlafe schon.
わたしはすでに眠っている😪
眠っているのにしゃべっている!

わかるよね?

Sind wir auch Kinder?
ぼくたちも子どもなの?👦

どうでもいいね篇

Hallo, Duo!
ハロー、ドゥオ (デュオ) ! 

かわいい篇

Die Mäuse lesen ein Buch.
ネズミたちが本を読んでます🐭

Die Maus ist leise.
ネズミは静かです🐭

Der Bär kommt aus Kanada. 
クマはカナダから来ました🐻

Der Bär trägt ihre Kleider.
クマは彼女のドレスを着ています🐻👗

Bärは男性名詞だけど、女の子なんだね👩

Das Pferd sieht die Katze.
🐴馬は😺猫を見ます。

すごい篇

Unsere Katzen lesen Zeitungen.
わたしの猫たちが新聞を読んでいます! 😺

それはよい!篇

Das Dach ist aus Zucker.
その屋根は砂糖でできている🐜

羨ましい篇

Wir haben viele Flugzeuge✈
わたしたちはたくさん飛行機を持っています。

ダジャレ篇

The bear is drinking beer.
Der Bär trinkt das Bier.
クマがビールを飲んでます🐻🍺

The beer is weak, the bear is strong.
Das Bier ist schwach, der Bär ist stark.
ビールは弱い🍺クマは強い🐻

ひげおじさん
beer (Bier)とbear (Bär)をかけてるのかもしれないけど、「ビールは弱い」の意味がわからん(^_^;)
クマ
呼んだ?

Die Bären fressen die Erdbeeren.
クマたちがイチゴを食べてる🐻🍓

これだけ見るとべつにどうってことないけど、
Bärenはビーレン
Erdbeerenはエアドビーレンです。

ダジャレというより韻を踏んでる?

笑える篇

Die Kühe trinken Milch.
牛が牛乳を飲んでいます🐮

さっちゃん
牛が牛乳飲んじゃダメでしょ
ひげおじさん
じつは牛乳は人工的に作られていた? 😄

Ich trage keine Kleidung.
わたしは何も着ていません👗

Ich trage nichts.
同上!👖

こわい篇

Das Kind isst Insekten.
子どもが虫を食べます🐛

さっちゃん
ドイツでは虫を食べるのかしら😨
ひげおじさん
そうかもしれんね😄

さらに

Dein Mann isst das Insekt.
あなたの旦那さんは虫を食べています🐛

Die Katze frisst die Käfer.
猫がカブトムシを食べます😺

まあ、子どもや旦那さんが虫を食べるよりふつうかな? 

Die Katze frisst die Maus.
ネコ😺がネズミ🐭を食べます。

当たりまえなんだけど、例文としてどうなの💦

大変! 

Der Himmel fällt.
空が降ってくる! 

さっちゃん
大変!

許せん! 

Ich trinke und du bezahlt.
わたし飲む人。あなた払う人。🍺💰

むかし「わたし作る人。あなた食べる人」というCMがあって物議をかもしました。

Er trinkt euer Bier.
彼があなたのビールを飲んでるよ! 🍺

ダメでしょ!

Wie essen seine Bananen.
わたしたちは彼のバナナを食べてます🍌

Wir trinken sein Bier.
わたしたちは彼のビールを飲んでいる🍺

Wir essen seine Pizza.
わたしたちは彼のピザを食べています🍕

Er trinkt meinen Tee.
彼がわたしのお茶を飲んでいます🍵

何、当たりまえのように言ってるの!?

語学の文例にそれ使う!?

Ich bin nicht dein spielzeug.
わたしはあなたのオモチャじゃないわ!👩

まあいいか=^^=

Der Hund frisst mein Buch.
犬がわたしの本を食べてます🐶📖

Die Katze trinkt deine Milch.
猫があなたの牛乳を飲んでるよ🐈🥛

Die Kuh frisst unsere Blumen.
牛がわたしたちの花を食べてる🐄🌺

微妙

Sie ist kein Mädchen.
彼女は少女ではない👧…おばさん?すくなくとも男ではないよね。

意味不明

Die Kühe haben Fliegen.
牛がハエを持っている🐮 (あるいは、つかまえる? 食べる? ) 

みんな引っかかるようで、議論の的になっていますが、しょせん素人が騒いでいるだけで納得のいく答えはありません💦
ネットにありがちな「知ったかぶり」連中がああだこうだ言ってるだけです。
コミュニティではなく、出題者がちゃんと説明してほしいです。

Die Fliege ist wichtig.
ハエは重要です。

Ich bin neu.
わたしは新しい。

The Flowers are welcome.
花は歓迎

Deine Katzen sind willkommen.
猫たちは歓迎😺

Ich trinke ihr Wasser.
わたしは彼女の水を飲む🌊

Bist du diese Frau?
あなたはこの女ですか???👩

Ihre Frau liest ein Buch.
彼女! の奥さんは本を読んでいる???👩

ひげおじさん
最近は同性結婚もあるからなあ…

Sie ist jemand.
彼女は誰かです!? 誰だよ! 👩

Er ist jemand.
彼は誰かです!? 同上。👨

Ich höre und sehe nichts.
わたしは聞きます。そして、何も見えません。

Kinder, mögen wir das?
子どもたちよ、わたしたちはそれが好きですか?
…ぼくたちには、あなたたちがそれを好きかどうかわからんし、知らんし💦👦👧

悲しい😥

Niemand ist gut.
いい人はいない…

Ich habe immer Hunger.
わたしはいつも飢えている。

さっちゃん
だれか食べさせてあげて!

Das Haus hat kein Dach.
この家には屋根がありません🏠

そうなんだあ…

Keine Katze mag Wasser.
ネコは水が嫌い😺🌊

Ich bin langsam.
わたしは遅いです。🐛
そうなんですか…としかリアクションできません。

当たりまえ

Ist das Kind jung?
その子どもは若いですか? 👧

さっちゃん
子どもは若いに決まってんじゃん!
ひげおじさん
むしろ「幼い」よね😄

Ich bin keine Banane
わたしはバナナではありません🍌 言われなくてもわかるわ!

それ聞く? 

Ist das Eis schmutzig?
そのアイスクリームは汚いですか? 🍦

Ist das Ei schmutzig?
その卵は汚いですか?🐣

Ist die Kartoffel sauber?
その芋はきれいですか?🍠

Sind sie sauber?
かれらはきれいですか?👯
失礼な!

自己疑問文?~聞かれてもこっちもわかりません💦

Haben wir eine markt?
わたしたちはマーケットを持っていますか?

そんなわけなかろう!

Ist die Fliege schwer?
そのハエは重いですか?🐝

まちがえようがない

Das ist kein Buch sondern ein Mantel.
それは本ではなく、上着です📕

ジャイアンか!

Das ist meine Straße.
ここは俺様の道だ!

ドイツ語の言い回し、表現

妻=わたしの女

meine Frau わたしの女→わたしの妻
seine Frau 彼の女→彼の妻

さっちゃん
もう😡
ひげおじさん
いや、「夫」もmein Mann「私の男」なんで「引き分け」じゃな
クマ
たぶんドイツ人はそこまで考えてないと思うよ😄

発音

ドイツ語はほぼ「ローマ字読み」です。
「ローマ字読み」というとよくバカにされるけど、ヨーロッパの言葉は基本的に「ローマ字読み」です。

ヨーロッパの言葉は1つの文字につき1つの読みかたがふつうです。

むしろ英語の発音のほうがおかしいんです。
英語のように「 a 」を「ア」と「エイ」と2通りに発音する国を他に知りません。

でも、ドイツ語にも癖があります。
また、個人差もあります。
これもどこの国の言葉 (もちろん日本も) でも一人ひとり発音がちがうのでネイティブでも発音記号どおりには読まない人のほうが多いくらいです。

おじさんがデュオリンゴ (ドゥオリンゴ) で聞いたドイツ語の癖を取り出してみます。

またバグなのか、発音している人が悪いのか、あきらかにまったくちがう発音をしていることもあります。
議論の的になっていますが、しょせん無料のアプリなのであまり目くじらを立てずに聞き流しましょう。

母音

無声化

> e→無声化

essen エスン
verstehen フシュテーエン
andere アンダレ

語尾のeは英語とおなじように無声化する傾向にあります。
人は怠け者なので💦

brauche ブラウハ

> e→i エ→イ

lese レーゼ→リーゼ
lesen レーゼン→リーゼン
sehen ゼーエン→ズィーン
trinken トリンケン→トリンキン
den デン→ディン
der デア→ディア
jeder イェーダー→イーダー

leben (生きる)  レーベン→リーベン
lieben  (愛する) リーベンとおなじ発音になってしまいます。

> er

基本は英語とおなじ曖昧な「アー」です。

「エ」

der デ

「イャ」

aber アビャー
der ディア

> ä→i

Käse キーゼ
Bären ビーレン
Käfer キーファー
Mädchen メットヒェン→ミーチェン

ウムラウト (変音) 

母音の上についてる点々「 ¨ 」 

ドイツ語では、もとの母音の口の形のまま「エ」と発音するということになってます。
でも、じっさいにはそのように発音していません。

その法則ならば「 ä 」は「エ」に近い音に聞こえるはずなのに、むしろ「イ」に聞こえます。

> ö→u (ユー) 

Mögen ミューゲン
Vögel フューゲル
これも、教科書どおりなら「フェーゲル」だけど「フューゲル」といってます。

> ei→a

Wein ヴァン

> e→a

ほとんど「ア」に聞こえる。
sprechen シュプラッヒェン

> o→a

口の開きが大きいと、母音はみんな「ア」になる。
komme カム。kommt カムト

> o→u (ウー) 

逆に口を狭めると「ウ」になる。
Obst ウースト

> u→o

und オン
Durst ドア
Jung ヨング

> u→a

Hunger ハンガー。フンガーとは聞こえない。

> i→e イ→エ

isst イスト→エスト
Pizza ペッツァ
Fische フェシェ、フシェ

> ie→i

die ディ

> eu→ai

euはoiと発音するはずだが「アイ」という人も。

Zeug ツァイク
ツォイクと発音する人もいます。

この辺はイギリスのコクニーを思い浮かべます。

オードリー・ヘップバーンが「アイ」と言ってたのを思い出します。

> äu→ai

euはoiになるはずだがじっさいには「アイ」と言ってる。
Mäuse マイゼ
Häuser ハイザー

> ee→i:

Kaffee カフィー
Tee ティー
Erdbeere エフトビーレ

> an→on

Orange オロンジェ

子音

> ch ヒでない。

「チ」

Mädchen メットヒェン→ミーチェン
manche マンヒェ→マンチェ

「シ」

Bücher ビュッヒャー→ビューシャー、ビュージャー
Küche キューシェ

> h→k

Hans ハンスがカンスに聞こえる。
これは、舌の奥が口蓋に接近して”h”が”k”に近い音になるのでしょう。

> l→i

toll トル→トイ

「l (エル) 」は日本語のラ行の「弾き音」とちがい、舌先を上の歯茎の裏側に押しつけたままなので「ル」よりは「イ」に聞こえます。

ただ、そう聞こえるだけで、自分が発音するときは「イ」ではなく、舌先を上の歯茎の裏側に押しつけましょう。

聞き分けにくい音

> Wir, Sie (わたしたちと、かれら) 

ヴィーアだが、早口だとヴィーになってしまうのでズィーに聞こえる。動詞の活用も同じなので区別できない。

聞こえにくい音。とくに無声子音全般

> t

kommt コム。kommt aus だと、コムダウスとtの音が聞き取りやすくなる。ゆっくりだとかえってtの音が聞こえない。

特殊な音「r」

> r  (フ、ク、グ、無声化)

「 r 」はフランス語やポルトガル語でもあるように「口蓋垂音」になりがちです。
なので、どちらかというと「ハ行」さらには「カ行」に近い音になります。
口を大きく開ける「ハ」ではなく、手を温めるときに出す「ハー」です。

「a」「u」のあとの「ch」もほぼ同じ音です。

舌の奥をのどちんこに当てて震わせる音です。
カンタンにいうと「うがい」の音です。
ちょっとまちがえると「痰を吐く」音になるので気をつけましょう! 

デュオリンゴにも、「gargling (うがい) 」または「purring (ネコが喉をゴロゴロ鳴らす) 」音、さらには「before spitting (ツバを吐く前の音) 」と書いてあります💦

口蓋垂音

Erdbeere エフトビーア
Europa オイゴーパー

無声化

der デ
Bayern バイエン
Bären ビーフン
Kartoffel カトーフェル
Frau ファウ、ハウ
Brot ボート
groß コース、オース

有声化

> j 「ヤ」のはずだが「ジャ」と発音することも。

Julia ユリア、ジュリア

スペイン語では「ヤ行」が「ジャ行」に変わってしまっています。
もともと「 j 」の音は「 i 」が子音化したもので、文字が似ているのは偶然ではありません。
「 i 」の先をちょっと曲げて作ったんですね。
だから、英語を習ったときになんで発音記号の[  j  ]で「ヤ」と発音するのか不思議に思いませんでしたか? 
むしろ「 j 」を「ジャ」と発音するほうが邪道 (じゃどう) なんです。

さっちゃん
ちぇっ! ダジャレかよ😄

無声化

> g→無声化

Orangen オハネン
ちゃんとオランジェンと発音する人もいます。
むしろ、オロンジェンに近いかも。

langsam ランクサム
ラングザムと発音する人もいます。

> w「ヴェ」のはずだが、「ウェ」になることも。

schwer シュウェア。もちろん、シュヴェアとちゃんと発音する人もいます。

厳密には「ウ」も有声音ですが、ドイツ語では「有声音」と「無声音」の区別はあまり重要ではないようです。

前の音に引きずられる

ich habe イヒャーベ

有声化

es ist エズィスト

無声化

isst die イスティ

er

「エル」より「エア」と発音する人が多いです。
また、語末では「アー」になります。
これは英語とおなじですね。

例:) 

Vater ファーター
Kinder キンダー

lebeとliebe (生きると愛する) 

lebe<leben (生きる。=英 live) 

liebe<lieben (愛する。=英 love) 

ドイツ語は基本的にローマ字読みですが、しばしば母音が変化します。
個人差もあるし、地域差もあります。
日本人だって「あ」1つとっても「え」に近い人と、「お」に近い人がいます。

lebeは辞書の発音記号では「レーベ」なんですが、じっさいは「リーベ」と発音する傾向があるようです。

liebe (リーベ。愛する) とおなじ発音です。

ちなみに英語と比較するとわかるけど、英語ではbがvになっていますね。
英語のほうが訛ってるんですよ!

日本人が英語を習うときにこの「v」が厄介者ですが、ヨーロッパでは「b」で発音するところも多い。
ていうか「v」の音はフランス語とそれを押しつけられた英語特有の音といってもいいでしょうか。

ラテン語にはそもそも「v (ヴ) 」の音はありません。
「u (ウ) 」です。

じっさいに聞こえる音。いろいろ

Frauen フローン
Hunger フウンギャー
上ではハンガーと書きました。人によってずいぶん発音がちがいます。

外国語の文例の制約

「変な」「ありえない」例文がたくさんありますが許してやってください。

入門、初級ではつかえる単語、文法がとてもかぎられます。

初級では「あした雨が降ったら運動会は中止です」みたいなネイティブには「超」カンタンで当たりまえな文も、「超」難解な文法なんです。

つかえないんです。

なんで明日のことなのに「降ったら」なの?
という質問が出ます。
「降れば」じゃないの?

という外国人学習者の質問に答えられますか?

それは日本人が英語その他の外国語を勉強するときにも起きます。

いきなり「仮定法過去」はつかえないですよね。

仮定法過去「If I were a bird. (鳥だったらなあ~) 」

だから、かぎられた単語と文法で例文を作ろうとすると「変な文章」しかつくれないんです💦
何卒、ご容赦の程を🙇

特殊な文型

おもしろや、まちがいではなくドイツ語ならではの特殊な文型です。

倒置法 (強調) 

例①

Nein, die Lampe mag ich nicht.
いいえ、ランプ、わたしは好きではない。

Nein, ich mag die Lampe nicht.
いいえ、わたしは、ランプが好きではない。

さいごにnichtがつくときは、目的語のdie Lampeが動詞の前に来て、主語のichが動詞の後ろに行く形もあるようです。

例②

Möbel mag er nicht.
家具、彼は好きではない。

=Er mag Möbel nicht.
彼は、家具が好きではない。

主語と目的語が入れ替わるという荒技ですが、ichやerが「主格」なので、「主語」であることがわかります。

取り立ての助詞

日本語でも強調するとき「取り立ての助詞」というのをつかいます。

「家具、彼は好きではない」という場合は、
家具は好きではないけど、建具は好きかも?という「他のもの」を想像させます。
「建具も、間取りも問題ないんだけど、他ならぬ家具だけがどうも苦手」という意味合いをもたせます。

この場合の「は」は、主語ではなく、「主題」の「は」です。

でも、例文がよくないですね。
「彼は家具が好きではない」って…

「彼は、彼女のことが好きではない」とか
「彼は、チーズが好きではない」とかならわかるけど。

もし、家具が主語で、彼が目的語ならこのようになります。

Möbel mag ihn nicht.
家具は、彼が好きではない!?

格変化がある人間にしかつかえない

ドイツ語にはichなら「わたし」、michなら「わたし」と、日本語の「助詞 (てにをは) 」のような働きをする変化があるので、場所を変えてもどれが主語であるかわかります。

しかし、物や動物には格変化がないので順番を入れ替えるととんでもないことになります。

Eine Katze fängt eine Maus. 🐈→🐁
猫がネズミをつかまえる。

Eine Maus fängt eine Katze. 🐁→🐈
ネズミが猫をつかまえる!

位置で主語、目的語が決まってしまうので入れ替えると意味が変わってしまいます。

英語でも、A cat takes a rat. と、A rat takes a cat. では意味が逆になってしまいます。

英語にも倒置法はある

でも、歌やお硬い文法書に載っているだけで、じっさいには倒置法がつかわれている文章を見たことはいちどもありません。

Old King Cole

この歌は倒置法のとてもよい例です。

be動詞

Old King Cole was a merry old soul
And a merry old soul was he

2行目のheは、1行目のOld King Coleです。

be動詞の場合は、A≒Bなので、B≒Aにしてもさほど抵抗はありません。

でも、主語→ (作用、動作) →目的語の場合は、抵抗があります。
じっさい日常会話や、文章でつかわれることはありません。

一般動詞 (他動詞) 

Every fiddler, he had a fine fiddle
And a very fine fiddle had he

 (1行目) 彼はよいバイオリンを持っていた。
 (2行目) とてもよいバイオリンを、彼は持っていた。

最後がheなので、「彼」が主語であることがわかりますが、格変化がなければ、
「バイオリンが彼を持っていた」という意味になってしまいます💦

じっさいには、その場合はhimに変わりますが。

日本語の場合は、おかしな日本語ではあるけど、「てにをは」がついてるのでどんな順番に入れ替えても意味は変わりません。

例:持っていた、バイオリン、彼

例:つかまえる、ネズミ、猫

例:プレゼントした、時計、彼、彼女

Duolingoについて

PCは広告がない

厳密にはないわけではないですが、スマホのような「強制」「動画」広告がないので気分がいいです。
もちろん文字を打つのも楽。

スマホは1つレッスンが終わるたびに広告が出て、動画を強制的に見せられて、時間が経たないと広告を止めることができません。
ユーチューブの広告とおなじですね。
中には止めるボタンさえ出てこないで、広告が終わるのを待たなければなりません。

時間もさることながら、データ通信で見ている人にとって「動画」は天敵です。

なので、おじさんは1つレッスンが終わったら閉じます。

ふたたびアプリを立ち上げるのも手間だし、時間がかかるけど、「動画」はいけません。
せめて、静止画像を何秒か見せるならいいけど。

時間がたつと前のレッスンにほころびが

毎日できないのですこしサボってると、前に終わったレッスンに「亀裂」がはいっています。

律儀にもどってると先に進まないのでほっとくと、そのうちロックがかかります。
前の「ほころび」をやり直さないとつぎに行けないんです。

遅々として進まない 2020-06-28

やりはじめてからだいぶ経つけど、まだ「家具」とかやってる。

これでほんとに会話できるようになるんだろうか?

いまだに「わたしたちは充電器をたくさん持っていますか?」みたいな絶対つかわないフレーズをやってる。

操作

Enter

Continueなどのボタンはいちいちマウスで突かなくても、Enterを押せば反応します。

マイクに向かって怒鳴れ!

聞き取りがとても悪いです。

音声検索とおなじレベルでは聞き取ってくれません。
マイクに口を近づけて大声で怒鳴らないと×をつけられます。

また発音もネイティブのように発音してはいけません。
1字ずつローマ字読みではっきり発音しなければ×をつけられます。

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です