口蓋化 ~ 「し」が「si」でなくて「shi」になるのはなぜ?

patalization 口蓋化

「口蓋化」「舌の位置」「各国語」

できれば口の中の舌の位置を想像して発音しながら読んでください。

口蓋化 (こうがいか) 

口蓋とは「口の天井」のことです。
口の真ん中へんの硬いところは「硬口蓋」といい、
口の奥の喉に近いところは軟かいので「軟口蓋」といいます。

日本語の「イ段」は特殊

「さすせそ」
ローマ字で書くと
sa shi su se so

「ざずぜぞ」は
za ji zu ze zo

「たてと」は
ta chi tsu te to

「だでど」は
da ji zu de do

「tsu」は無声歯茎破擦
「tu」は無声歯茎破裂
ですがここでは説明しません。

じ、ぢ

現代仮名遣いでは「鼻血 (はなぢ) 」のように「血 (ち) 」が濁ったもの以外は「じ」と書くことになっていますが、日本人の発音は「ぢ」です。
とくに語頭では「じ」と書いてあっても「ぢ」と発音しています。

[ʒ, ʑ]ではなく、[dʒ, dʑ]なんです。
[ʒ]が舌をつけずにすき間から出す音に対して、
[dʒ]は舌を口蓋につけてから破裂させて出します。

ず、づ

「ず」も「づ」も厳密には[z]ではなく、[dz]です。
[z]が舌をつけずにすき間から出す音に対して、
[dz]は舌を口蓋につけてから破裂させて出します。

国語分科会 (以前の国語審議会) では、できるだけ「ず」と書かせるようにしています。

「ちかづく」のように、「近」+「付く (つく) 」からつくられた言葉は「づ」をつかうことを認めていますが、
「頷く」は「項 (うな。うなじ。首の後ろ) 」+「突く (つく) 」にもかかわらず「うなずく」と書かなければなりません。

「額づく」も本来、「額突く (ぬかつく) 」なのに「ず」と書かなければなりません。

しっかりしろよ!国語分科会!
また、こんな表記を国語のテストに出す教師は最低です。

ローマ字

「ダ行」の「ヂ」なのに「di」ではなく「ji」をつかう、妙なヘボン式のローマ字表記についてはまた別の記事で書きたいと思います。

「si」だと「スィ」
「ti」だと「ティ」
という発音になります。

sitを「シット」と発音してしまうとshit💩という意味になってしまいます!

ローマ字を習ったときにはじめて
「日本語って変?」
と思ったかもしれません。

hは口蓋音 (拗音) の記号としてつかわれる

ほんらいの「h」の発音とはまったく関係なく、しばしば口蓋音の印としてつかわれます。
shi, chiは言わずもがな。
ポルトガル語の「nh」は「ニャ ニ ニュ ニェ ニョ」になります。

manhã (マニャン。朝) など。

ローマ字表記はふつうだがじつは口蓋化してるもの

「なぬねの」

「に」は「ni」と書きますが
厳密には[ɲ]、
もっと厳密には[nʲ]で
[ni]とは異なります。
欧米人に発音させると「ぬぃ」というような発音になります。

詳しくはこちら↓

日本語の「ん」の発音は5通りある!~やまとことば

「はふへほ」

これも「hi」と書きますが、
厳密には[ç]で口蓋化しています。
じつはこれ、ドイツ語の「ch」の発音とおなじなんです!

Ich liebe dich.
「i」の後ろに来る「ch」です。

「hi」より舌が口蓋に近づいて狭いすき間から通る空気の音が聞こえます。

じつは珍しくない

日本語のイ段は特殊と書きましたが、じつは珍しくないんです。

日本語だけでなくヨーロッパの言語も「イ段」と「エ段」は口蓋化または別の子音に変わる傾向にあります。

何語でも口蓋化は起きやすい

「i (イ) 」はもともと舌を口蓋に近づけて出す音だから

舌の位置を想像してください。

「ア」が口を大きく開いて、舌も下げて出す音に引き換え、
「イ」は口を横に開くこともさりながら、いちばん重要なのは舌を口蓋に近づけてすき間を狭くすることにあります。

だから、じっさいには口の形はあまり関係なく、口を横に開かなくても「ア」の形のまま舌を上に上げれば「イ」の音が出せます。
極端な話、口をとがらせても「イ」は発音できます。
これは読むだけではなくてじっさいに「やってみてくださいね」✌

「舌を口蓋に近づけて出す」ため、子音も道連れで「口蓋化」する運命にあります。

「e (エ) 」も

「エ」は「ア」と「イ」の中間の音。
舌は口の中間にあります。
この音も少なからず変化する傾向があります。

各国語の例

ドイツ語

「イ」「エ」の後ろの「ch」は「ç (ヒ) 」になります。
日本語とほとんどおなじ「ヒ」です。

ich イッ [ihi]ではなく[iç]です。
Mädchen メート゜ェン

「ト゜」は「t (トゥ) 」です。

ach, uch, ochは[x]になるんだけどここでは説明しません。

スペイン語

ca ci cu ce co
スィ

ciは[θi]、ceは[θe] 
英語の「th」とおなじ発音です。

じゃあ「キ」「ケ」はどう書くの?

qui, que

qui (キ) 、que (ケ) と書きます。
これらはあくまで「キ」「ケ」であって、
「クィ」「クェ」ではありません。

ga gi gu ge go

[h]ではなくて[x]なんだけどここでは説明しません。

gitano ターノ (ジプシー) 
general ネラル (英語のジェネラル) 

「ギ」は「gui」
「ゲ」は「gue」
と書きます。

guitar ター
guerra ラ (戦争) 

これも「グィ」「グェ」ではないので注意。
素直に「ギ」「ゲ」です。

イタリア語

ca ci cu ce co
チェ

città ッタ (英語のcity) 
ntro チェント゜ロ (英語のcenter) 
dolce ドルチェ (甘い。スペイン語のdulce ドゥルセ) 

ch

「キ」は「chi」
「ケ」は「che」

archìvio アルヴィオ (英語のarchive)
archeologia アルオロジア (英語のarcheology)

英語でも「チ」ではなく「アーイブ」とか「アーオロジー」とかいうのはおかしいと思った人もたくさんいると思うけど、おかしくないんです。

ga gi gu ge go
ジェ

giórno ョルノ (日) 
gelato ジェラート (凍った→アイスクリーム) 

「ギ」は「ghi」
「ゲ」は「ghe」

Lamborghini ランボルーニ
spaghétti スパッティ

ポルトガル語

ca ci cu ce co
スィ

cidade スィダーヂ (英語のcity) 
centro セント゜ロ (英語のcenter)

qui, que

スペイン語とおなじく「キ」「ケ」ですが、
「que」は「キ」と発音することもあります。

química ミカ (英語のchemistry)
que ー (スペイン語のquéとおなじ。英語のwhat) 

ta ti tu te to
ト゜テ/

ti チ (君) 
teste テス (英語のtest) 語頭は「テ」と発音します。

da di du de do
ドゥ デ/

dia ーア (日) 
saudade サウダー (さびしさ) 

decidir スィール (英語のdecide) 語頭は「デ」と発音します。

ch (シ) 

choro ョーロ

フランス語

ca ci cu ce co
スィ キュ /ス コ

merci (英語のmercyに相当) 

r

フランス語、ポルトガル語、ドイツ語では「うがい音」になることがあります。
ならないことも。
これがややこしい。

ひげおじさん
フランス語は訛りがひどい💦
さっちゃん
フランス語は世界一美しい言葉じゃないの?
ひげおじさん
フランス人がかってにそう言ってるだけで、ヨーロッパの言語の中ではもっとも訛りがひどい部類にはいる!
クマ
イタリア語、スペイン語が発音の上では正統派だね!
ひげおじさん
そもそもロマンス語 (ラテン語の現代語) の起源はイタリアのローマじゃけえなあ!
さっちゃん
おじさん訛ってる😄

日本語はまともなほう

こうしてみると日本語はまともなほうですね。
「し」が「shi」になるなんて全然OK!
あえて「全然」といいましたよ!

ロマンス語ではイタリア語、スペイン語が正統派。
ポルトガル語はちょっと訛ってて、フランス語はいちばん訛ってます。
ルーマニア語はunknownです。

ロマンス語 (英語とラテン語の関係)その1~ノルマン・コンクエスト

ロマンス語 (英語とラテン語の関係)その2

ナレーターやアナウンサーの声が耳障りなのはなぜか? 母音の子音化 (口蓋化)

やまとことば ~ 一覧

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




patalization 口蓋化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です