トゥ。キャリア。ゲージ ~ カタカナ英語のおかしな発音

ballet-shoes-999807_640

「カタカナ英語」「発音」「まちがい」「混同」

カタカナ英語の発音

catを「キャット」と書いたり、読んだりするのは、ちがう言語を表記して発音するのだからしかたありません。
アイヌ語の表記で「ト゜」で「t (トゥ) 」と発音するものがありますが超マイナーで定着していません。
theやthisのthの音は日本にないので書きようがありません。

でも、thの音がないのは日本だけではなく、ドイツ語、フランス語もおなじです。
だからフランス人はzatと発音します。
日本人といっしょですね。

これは日本語と英語だけの問題ではなく、すべての言語間において起こることです。

このような「そもそも存在しない発音」とか「微妙なちがい」はここでは問題にしません。
なのでここで書くカタカナもあくまでそれに近い音でしかないことはご了承ください。

先にはいって定着していた言葉との混同

toe トウ

爪先。

トウです。

ballet-shoes-999807_640

これは強大な先輩がいるのでしょっちゅう「トゥ」と書かれたり、読まれたりします。

to, two

「~へ」のtoと、「2」のtwo。

「トウ」と書かれていても、「トゥ」と読んだり、校正者がかってに「トゥ」に書き換えてしまうこともあるのでしょう。

toe 爪先を意味することば

toe shoes トウ・シューズ
バレエダンサーが履く「爪先に硬い部分がある」靴です。
これはわりと定着してるかな。

toe kick トウ・キック
爪先の蹴りです。
トゥー・キックという表記をよく見ます。
トーキックが一般的な表記のようです。

heel and toe ヒール・アンド・トウ
「踵と爪先」という意味です。

車のスポーツ走行で、爪先でブレーキ、踵でアクセルペダルを踏むテクニックです。

「トウ」が「爪先」であることを理解してない人がほとんどなのでかなりの確率で「ヒール・アンド・トゥ」と書かれてしまいます。

career カリア

いわゆる「キャリア」です。
「経歴」「職業」をさします。

これは先にはいっていたこの言葉と綴りが似ていたので「キャリア」と読んでしまったんですね。

carrier「物を運ぶ人、物」

こちらは紛れもなく「キャリア」です。
電気通信業者も「電波を運ぶので」キャリアです。

あとになって「カリア」だとわかっても、「キャリア」で定着してしまったのでいまさら変えるのもめんどうなので変わりません。
そもそも、「経歴」「職業」でいいと思うんですが。

「キャリアウーマン」などとカタカナ英語 (その他の外国語) がカッコイイという日本人の意識がこういうものをはびこらせているんですね。
「職業婦人」でいいです。

careerwomanはいちおう英語のようですが、ウィキペディアでは1970年代からつかわれるようになったとあります。
むしろ現代では男女ということ自体が差別と言われるようになっているのでこれも過去の言葉になっています。

chairman (議長) がchairpersonに言い換えられるように。

manには「男」だけでなく「男女ひっくるめて人」という意味があるのでそこまで目くじら立てなくてもいいのではないかと思いますが。

さっちゃん
キャリアウーマン。荷物を運ぶ女の人😄

cage ケージ

「鳥かご」「檻 (オリ) 」です。

cage-1226738_640

もうすこしこだわるなら「ケイジ」。

犬や猫を入れるものも「ケイジ」ですが、「ゲージ」と書かれたり呼ばれたりします。
それはこの言葉のせいです。

gauge ゲージ

「標準寸法」「規格」「計量器」などをさします。

「ケージ」はむかしは使われていませんでした。
そのまま「鳥かご」「オリ」と呼ばれていました。

家族のようなワンちゃん、ネコちゃんに「オリ」は抵抗があるので、英語のcage (ケージ) をつかうようになったけど、英語の母語話者にしてみればほかに言いかたはないので「オリ」と言ってるにすぎません。

ラリーやダートラをやってる人は車に「ロールゲージ」という、車が転がっても車体がつぶれずに搭乗者を守る鳥かごのようなものをつけますが、これも「ロールケージ」です。

chock チョック

「くさび」「輪止め」のことです。

brake-wedge-5398347_640landing-gear-4455332_640

飛行機の世界でよくつかわれます。

100%「チョーク」と呼ばれます。
パイロットくらい「チョック」と言ってほしいです。
それか「輪止め」でいいです。

それは説明するまでもなくこのせい

chalk チョーク

art-1869490_640

むかしは「白墨 (はくぼく) 」なんていいました。

choke チョーク

厳密には「チョウク」です。
とくに首を絞めて「窒息」という意味です。

プロレスの技でチョーク・スリーパーなんていうのがありますね。

むかしの車には「チョーク」というノブが付いていてエンジンを始動するときに引っ張りました。
その名のとおり空気の取入口をふさぐ装置で、空気が吸えないので代わりに濃い燃料を吸い込み、始動しやすくします。

いまでも、草刈り機や、チェーンソーなどにはついています。

濁点の曖昧さ

これは挙げればキリがないです。

relaxation リラクセーション。濁りません。なぜかリラクゼーションといわれています。

exhibition エキシビション。エキジビジョンといわれます。

exhaust エグゾースト。両方濁ります。エキゾーストといわれています。

とくに「x」の発音に多いですね。

X 「クス」か「グズ」か?

ほかの似た言葉、派生語と混同

presenter プレゼンター

賞の贈呈者。

ずっとプレゼンテーターといわれてきました。
近年、ようやくプレゼンターに修正されてきました。

日本国内だけならまちがいでもいいけど、海外の授賞式やメディアとかち合うことが多くなって修正せざるを得なくなったのでしょう。

この原因は

commentator コメンテーター

ああでもないこうでもないというだけの批評家です。

presentation プレゼンテーション

贈呈。授与。

これはまちがってもしかたないかなという気がします。
おなじpresentからできた言葉なのに作りかたがすこしちがいます。

現在はプレゼンとしてよくつかわれます。
「発表」「披露」でいいと思います。

さっちゃん
スマホをショップでセレクトするんだけどどのキャリアがベストかなあ?
ひげおじさん
日本人なら日本語で!
さっちゃん
液晶画面付手触方式携帯電話を実店舗で選考するに当たり何の電気通信事業者が最善であろうか?
ひげおじさん
う~ん。なんか変!
クマ
日本語じゃなくて漢文になってるからだよ😄

英語 ~ 一覧

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




ballet-shoes-999807_640

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です