モンゴル乗馬 ~ 遊牧民と大草原トレッキング

「モンゴル」「乗馬」「トレッキング」「草原」「外乗」

モンゴルの大草原を遊牧民と馬でトレッキングします。
寝泊まりはテント。

経緯

乗馬クラブに入会して1年ほど乗馬をやっていました。

外乗

乗馬クラブで馬場をグルグル回るだけの練習には飽きてきました。
もちろん基本は大事なんだけど、なんで馬に乗るかと言えば、馬で思いっきり駆け回りたいからです!

そこで馬場の柵の外に出て、野原を馬で歩けるメニューがあるのを知りました。
これを「外乗」といいます。

ちなみに「埒が明かない (らちがあかない) 」の「埒」とは馬場の「柵」のことなんですよ。
あっ、知ってました(^_^;)

国内の外乗

とりあえず「埒外」に出ました! 

まずは、乗馬クラブのすぐ外を歩きます。
駆け足はありません。

もっと走りたい!

ちょっと足を伸ばして棚倉 (福島県) というところに行きました。
けっこう広いところを歩いたけど、駆け足は30秒くらい…
日本は、何かと「危ない」といっていろんなことに制限がかかります。
ちょっとしたことでもすぐ訴える人がいるから、主催者側もできるだけやらせないようになってしまうんでしょうね。

海外に行くと「自己責任」の意識があるのでもっと自由にいろんなことができます。
アメリカのように歩道で転んで訴える人もいるかと思えば、わたしたち日本人から見たら「アホか! 」ということをするのも欧米人です。

何か月かして、今度は湯布院 (九州、大分県) に行きました。

こちらはさらに広い草原。
けっこう、走らせてもらえました!

たまたま北海道に住んでたときに、個人の牧場でちょっとだけ馬に乗らせてもらったこともあります。

西部劇

夢はふくらみ、西部劇のイメージが浮かんだんです。
砂と岩の西部を馬で行く。
う~ん。行ってみたい。
実際、こういうツアーはあります。

「けっこう高いな~」

ツアーを探してると「モンゴル」の文字が。

モンゴル外乗

じつはおじさん。
2回モンゴルに行ってます。
両方まじえて書きます。

悪ガキ

それまでは乗馬はもちろん、モンゴルに行ってみたいと思ったことも一度もありませんでした。

「モンゴルで馬に乗れるのか」

値段はかなり安いし、何より日本から近い。
移動時間が少なくて、時差もない!

それでモンゴルに行くことにしました。

ウランバートルから車で1時間くらい

ウランバートルの空港に着くと、日本語が話せる現地のガイドが待っててくれました。

1回めのガイドは大学生の男の子で名を「アルタン・スフ」と言いました。
日本語にすると「金の斧」という名前です。

モンゴル人の名前

悪魔にさらわれないように「人間らしからぬもの」の名前をつける習慣があります。

コックさんは学校の先生で夏休みだけのアルバイト。
「オド・ゲレル (星の光) 」というなんとも優美な名前です。

今でいったら「キラキラネーム」ですね🌟

2回めのガイドはキャピキャピのギャルでした(^^)
外見は丸っきり日本人です。
若い女性でファッションも今どきの若い日本の女性みたい。
名前はオヨーさん。
とても草原に乗馬トレッキングに行くような格好には見えません。

車の運転はオギーさんという男の人だったけどとても怖かったです。
急がなくていいと言うのに、やたらに追い越しをします。
対向車が来てても追い越します。
片側1車線の対面通行なのに、その時だけ真ん中に追い越し車線ができるような感じです。

テント泊しながら馬で歩く。

一般的にはこんなゲル (モンゴル語で「家」という意味) を思い浮かべるかもしれませんが

ツーリストゲル

われわれはテントです(^^)

テント

テントや食料、水、ビール、ウォッカまで車に積んで、運転手と、コックさんまでついてます。
一方、私たちは空港に迎えに来た今風のお嬢さんと、丸っきり言葉がわからない現地の遊牧民バイラーと、馬で草原を歩きます。
私たち日本人のツアー客に、現地のスタッフは4人。
なんと贅沢なツアーでしょうか。
これで採算は合うのか、こっちが心配してしまいます。

お昼ごはん

車は先回りして、お昼はお昼ごはんを作って、夕方はテントを張って晩ごはんを作って待っててくれます。

ときどき駆け足をすることもあるけど、モンゴルの広大な草原に行ったら、なんかゆっくり歩いてるだけで良くなりました。

乗馬未経験者でもツアーに参加可能

モンゴル馬は仲良し! 

ぼくたち仲良し

馬はしっかり調教されているので、まったく乗ったことがない人でも乗れます。
また、モンゴル馬は日本の乗馬クラブの馬よりずっと小ぶりなので乗り降りも楽です。
モンゴル馬は仲良しでとにかく群れたがるので、ガイドが先頭を歩けばあとは勝手にその後ろにくっついていきます。

ただ、楽しむには日本で少し馬に慣れておいたほうがいいでしょう。
初心者のいちばん大きな問題はお尻の尾てい骨のあたりの皮がすりむけて、その後、馬に乗って歩くのが辛くなるということがあります。
よく知ってる人は、小さい座布団を持って来ていました。

モンゴル行きの航空券

ticket-mongol
さっちゃん
いいな~。わたしも行きたい!

<Sponsored Link>

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です