ニコイチ熟語 ~ 使い分けろと言いながらいっしょに使う

「ニコイチ」「熟語」

はじめに

おなじ読みと、そもそも語源もおなじなのに、じつに多くの漢字を使い分けさせられます。

たとえば収める、納める、修める、治める。
でも、やまとことばは「おさめる」の1つで意味も1つです。

大意は「秩序ある状態にする」です。

学者や役人は浮世離れしてる

中国から漢字がはいってきたとき、おなじ意味の漢字をなんでもかんでも取り入れて、かってにラベリングしてしまいました。
微妙なニュアンスのちがいを出せる反面、漢字の使いかた、読みかたが複雑・煩雑になりすぎてしまいました。

使い分けろと言いながらけっきょく「収納」という熟語が存在します。
おかしいやんか。
どっちでもええということやんか。

そんなニコイチ熟語を探してみました。

ニコイチ熟語

おさめる

上記のとおり、「収納」で「物をしまう」ことを言います。
じゃあ、「収める」でも「納める」でもいいってことじゃんか。
そうです。

とまる / とめる

止まる、留まる、停まる、泊る
自動詞はこれらで、それぞれ他動詞版の
止める、留める、停める、泊める
が加わりますが、以降そのパターンは省略します。
だって多すぎるもん😄

「泊る」だけはちょっと毛色がちがうようですが、
「動きが止まる」
「1カ所に留まる (とどまる) 」
という意味ではおなじです。

何を隠そうこれだけ使い分けろといいながら、
停止、停泊、停留などのニコイチの熟語が氾濫しています。
つまり「おなじ」ということです。

「停」の漢字は見てのとおり亻なので「人間」が止まることを表しています。
なのに「車がとまる」ときに「停」を使えというのはナンセンスです。

さす

差す、刺す、指す、注す、射す、挿す

でも「注射」

かわ

川と河で河川。
これはまあ大きさのちがったものを合わせた言葉でしょうか。

森と林で森林。

みず

湖と沼で湖沼。

いし

岩と石で岩石。

くるま

車輌。
車も輌も「くるま」の意。

現在は「車両」と「両」の字に書き換えられますが、すでに「車」の意味はなくなってしまっています。

わたしは日本語教師をしています

プロフィール・レッスン予約はこちら。
表示名はToshiです。

https://www.italki.com/teacher/8455009/japanese

さっちゃん
わたしはさっちゃんです!watashi wa Sacchan desu!
ひげおじさん
わしはひげおじさんじゃ!washi wa hige-ojisan ja!

やまとことば ~ 一覧

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です