chloro- クロロフィル (葉緑素) とクロリン (塩素) の関係 ~ 英語

chloroplasts-g286bd65ab_640

「クロロフィル」「クロリン」「塩素」「緑」

塩素がないのになぜクロロフィルというの?

chlorine (クロリン) 塩素

塩素の化学記号「Cl」はもちろんここから来ています。
塩化物は「chloride (クローライド゜) 」といいます。
もっとも単純でみなさんよくご存知の
「塩酸」は
「hydro-chloric acid」です。

とうぜん
「chloro-」は「塩素」化合物を表します。

chlorophyll (クロロフィル) 葉緑素

これもみなさんよくご存知、植物が光合成を行うためのもので赤い光を吸収するので「緑」に見えます。

しかし、葉緑素の分子式は

C55H72O5N4Mg

マグネシウムのまわりを4コのN (窒素) が取り囲み、そのまわりにC、H、Oがくっついています。

どこにもCl (塩素) がありません!

chloro- は「緑」という意味

もとは古ギリシャ語の「χλωρός (khlōrós) 」で「薄緑」という意味です。

これでクロロフィルのほうは納得。

問題はクロリン (塩素) の方。

塩素ガスは緑色!

ほとんどのガスは無色ですが、塩素ガスは「薄い黄緑色」をしています。
薄いときは、「薄い黄色」にしか見えませんが。

「緑色の」ガスだからchloro-に-ineをつけて、chlorineにしたんですね。
これが「greenine」だったらすぐわかるけど、世界中の人が英語をつかうわけじゃないし、学術的な用語はギリシャ語、ラテン語がつかわれます。

塩素系漂白剤

そういえば、塩素系漂白剤の入れ物ってなぜか「緑」ですね。
これも塩素ガスの色と名前の由来から来てるんだろうけど、だれも知らないと思います。

混ぜるな危険☠

殺菌効果があるものは人間にも毒です。
殺菌効果があって人間に無害なものなどありません。

漂白剤、殺虫剤、除草剤、農薬などすべて人間にも毒です。
取り扱いにはじゅうぶん気をつけてください。
環境のためではなくて、あなた自身のためです。

chlorella クロレラ

もはや説明するまでもありませんが、クロロフィルをたくさんふくんでいる藻で、緑色だからこの名がつきました。

chlorin (クロリン) という芳香族化合物があるけど、chlorine (塩素) とはまったく別物で塩素はいっさいはいっていません。
クロロフィルのマグネシウムを取り囲んでいる化合物です。

クロロフィルにはa~fまでの種類があってすこしずつ組成がちがいます。
上に書いたのは一般的なaの分子式です。

さっちゃん
クロリンって銭湯にあるやつ!
ひげおじさん
ケロリンね
さっちゃん
熊本のゆるキャラ!
ひげおじさん
くまモンね🐻

英語 ~ 一覧

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




chloroplasts-g286bd65ab_640

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です