艱難辛苦汝を玉にす、か?~ つぶやき

「苦労」「腐る」

艱難辛苦汝を玉にす

さっちゃん
読めんわ

かんなん しんく なんじ を たま に す

芥川龍之介の「侏儒の言葉」に出てくるようですがすこしちがう意味でつかわれています。

意味

艱難=困難、逆境、不幸、不運、難儀

逆境や苦労はつらいけど、それを乗り越えることで人は玉 (立派な人間) になるということです。

Adversity makes a man wise.

いかにも漢文を日本語にしたようですが、出典が見当たらず、じつは英語の諺が元になっているようです。

意味はそのまま

「逆境は人を賢くする」

苦労は人を腐らせる

残念ながらおじさんの60年の経験からすると、
「艱難」は人を玉にすることはなく、むしろ「腐らせ」「弱く」します😅

艱難

偏はおなじなのに形がちがうのは国語分科会 (旧 国語審議会) の無能によるものです。
艱のほうは旧字体、難のほうは新字体がつかわれています。

漢字のテストではこのとおり書かないと×をつけられます。
こんな問題を出す先生や検定試験などは💩です。

どうせ新字体にするなら全部おなじ形にしましょう。

おっと話がそれた。
まあ、おっさんのつぶやき、戯言だから😅

諺は
さまざまな困難や逆境を乗り越えてくると、それに対して精神的に強くなり、対処法も身につけるということですが現実は正反対です。

もう苦労したくない

現実には、人は苦労するたびに精神エネルギーを消耗し、人心を疑い、未来を疑い、希望を失い、夢見ることをやめて、腐っていきます。

慣れて強くなるどころか、
「できるだけ困難に遭遇したくないし、苦労したくない」
と強く思うようになります。

そのような境遇になりそうならそこから逃げます。
新しいこと、未知のことに対して「臆病」になります。
触らぬ神に祟りなし、というのか。
余計なことに手を出さなければ痛い思いをすることもない。
その代わり得るものもない。
しかし、手を出したら得るものがあるかというと、つねに痛い思いをする😅

虎穴に入って虎に食われる🐯です。

No pain, no gain → No gain, no pain

韓国ドラマの心に刺さるセリフ ~ 戯れ言

そういう意味では賢くなったのかも😄

苦労したことがない人にはわからないでしょう。

極楽とんぼが世界に飛び出す

人を輝かせるのは苦労ではなくラッキーな体験

むしろ苦労を知らず、運がよく、人にも恵まれ、「万事うまくいった」人が世界に羽ばたきます。

恐れを知らぬというか、苦労を知らぬといったほうがいいか。

トラブルがあっても「何とかなった人」
自分で何とかしたんではなく、運や親切な人の存在で助けられた人。

こういう人は、艱難で玉になったわけではなく、「運が良かったからこの先もそうなる」という脳天気な性格です。

おじさんは運もなく、努力も報われなかったほうの人間なので。

メディアに登場するのは運に恵まれた人

テレビやインターネットに出てくる、オリンピックで金メダル取った人とか、ドラマ、CMに引っ張り凧の芸能人とか、そんな人たちはピカピカ輝いていて当たりまえです。
輝いているから世に出るのではなくて、何か知らんけどうまく回っていて、時代の波にたまたま乗っかり、人々に持て囃されているからピカピカ光り輝いているんです。

オリンピックで金メダルを取れなかったどころか、予選落ち、オーディションを何百回受けても落ちて1つも役をもらえない人はテレビに出てこないでしょ😄

努力はムダと感じた瞬間 ~ この世は運が牛耳っている!そして不公平なもの!

さっちゃん
生きていればいいこともあるさ
ひげおじさん
おじさんは、もう、おじーさんの年齢なんで「この先」はないのさ😅

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です