「1本」「2本」「3本」 VS 「1分」「2分」「3分」 ~ やまとことば

3分

「促音」「っ」「連濁」「不規則」

基数詞の発音が数字によって変わる

1本。2本。3本

いっん、にん、さん

ローマ字で書くと

ippon, nihon, sambon

「『いちほん』は言いにくいから『いっぽん』になるんだよ」とか、
「『ん』のあとは口を閉じるから『ぼ』になるんだよ」とか得意げに言う人がいます。

日本語の「ん」は口を閉じない

「ん」の発音に関してはこちらにとても詳しく書いてあります↓

日本語の「ん」の発音は5通りある!~やまとことば

ためしに単独で「3 (さん) 」とじっさいに言ってみてください。
口を閉じましたか? 

閉じないですね。
「さ」のまま口を半開きにしたまま、舌先だけ口蓋 (口の中の天井。上の歯茎のうしろあたり) に押しつけてるのがわかると思います。

「3歳 (さんさい) 」も言ってみてください。
ずっと口を開けたままです。
「山菜」もおなじです。

「ん」はそもそも口を閉じません。

じゃあ4本は? 

4も「よん」と発音します。
「ん」で終わります。

でも、「4本」は「よんほん (yonhon) 」と濁りません。

つまり「ん」のあとだから「濁る ( ゛がつく) 」というルールは成り立ちません。

1本も

「いちほん」が言いにくいから「いっぽん」になるなら、

「一地方 (いちちほう) 」はなんで「いっちぽう」にならないんでしょう? 
たしかに言いにくいことは言いにくいけど。

3分は「さんぷん」! 

「3本」が「さんん」ならなぜ
「3分」は「さんん」ではないのでしょうか? 

「1勝3敗」は? 
「いっしょうさんい」ですね。

さらに割合や長さの単位になると、「3分」は「さん」です(^^)

じつは不規則

だいたい「1匹 (いっぴき) 」「2匹 (にひき) 」「3匹 (さんびき) 」のようになるけど、
「4本」と同様、「4匹」は「よんき」ではなく「よんき」です! 

3階、4階も

これは人によって分かれるかもしれないけど、

「3階」が「さんい」でも、「4階」は「よんい」です。

※ 「3階」は「さんかい」と発音する人もいます。

これも例外が

「3回」は「さんい」ではなく「さんい」です。

3が濁る派と、濁らない派

濁る派

ハ行:本。匹。杯。遍。百。

カ行:階。軒。

濁らない派 (パ行をふくむ) 

ハ行:分。品。敗。泊。

カ行:回。件。県。巻。貫。

数字ではないけど不規則なもの

「3杯」は「さんい」なのに
「乾杯」は「かんい」

音韻的なルールはない! 

このように例外というより、濁る、濁らないは両方のパターンがあります。

「杯」のようにどちらにも発音するものもあります。

これは「『習慣的に』そう発音する」としか言いようがありません。
わたしたちは「文法」ではなく「無意識に」「知らない間に」言葉をおぼえているんですね。

さっちゃん
知らなんだ!

<Sponsored Link>

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です