方向・場所をあらわす「に」「へ」「で」のちがい ~ 日本語

ni de に と で

「方向」「場所」「ちがい」

 

ni de に と で

「に」と「へ」

動詞

行く、向かう

に (方向。目的地・終点がある)

レストランに行く。
→レストランに着いた。
今、レストランにいる。
目的地・終点にいる。

駅に向かう。
→駅に着いた。
今、駅にいる。
目的地・終点にいる。

会社に勤める。
学校に通う。
なども「行く」とおなじように「移動する」イメージがありますね。

方向を表す「に」は「へ」に置き換えることもできます。

へ (方向。目的地・終点がない)

レストランへ行く。
駅へ向かう。

「へ」に置き換えることもできますがちょっと座りが悪いです。

「へ」はどちらかというと「漠然とした方向」だけで目的地がないときにつかいます。

東へ行く。
→果てはない。終点はない。目的地はない。
東はどこまで行っても東。

西へ向かう。
→同上

駅の方へ行く。
→「~の方」なので「方向」は駅だが、目的地は駅ではない。「駅の方」にある喫茶店かもしれないし、図書館かもしれないし、ただの散歩かもしれない。

「どちらへ?」
「ちょっとそこまで」

現代では「に」と「へ」の区別はなくなっています。
おじさんは「に」をつかう派です。

外国人の初心者には「に」で統一したほうがいいでしょう。
でないと「に」と「へ」のちがいを説明しなければならなくなります。
日本人でさえわかってないのに。

また、「どっちでもいい」は初心者を困らせます。
「で、じっさい、どっち?」

「に」と「で」

場所をあらわす助詞に「に」と「で」があります。

に (存在)

「に」は「存在」を表します。

ただ、「そこにある」だけです。

動詞

いる、ある、住む
「に」をつかう動詞は少ないです。

家にいる。
そこにある。
岡山に住む。 (ただし、ふつうは「住んでいる」といいます)

で (動作)

「で」は「動作」を表します。

その場所で何かをします。

動詞

食べる、飲む、歌う、泳ぐ、勉強するなど、何でもござれ。
上の特殊な動詞をのぞいて「で」だと思っていればいいです。

レストランで晩ごはんを食べる。
バーで酒を飲む。
カラオケボックスで歌う。
プールで泳ぐ。
(なぜかカタカナ語ばかり💦)
学校で勉強する。

「住む」と「暮らす」

岡山住んでいる。

岡山暮らしている。

おなじ意味なのに「に」と「で」を使い分けます。

上の説明で「に」は「存在」と書いたけど「住む」は「存在」なんでしょうか?
「いる」に近いとも言えないことはありませんが。

一方、「で」は「動作」をすると書いたけど、「暮らす」は「動作」なんでしょうか?
「食べる」や「泳ぐ」のように動作はしませんね。

またこれらは「ている」形をつかいます。
「岡山に住む/住みます」「岡山で暮らす/暮らします」とは言いません。

「勤める」と「働く」

会社勤めている。

会社働いている。

両方とも、「会社の社員としてそこに属して、仕事をしている」という意味ですが、「に」と「で」を使い分けます。

学校通っている。

これも、中にふくまれる意味は「学校の生徒としてそこに属して、毎日学校に行って勉強している」ということです。

やはり「ている」形をつかいます。

ている形

ここでつかわれている「ている形」は現在進行形ではありません。

現在進行形になるのは「食べている」「飲んでいる」「歌っている」「泳いでいる」など。
文脈によってはこれらの動詞もつぎに述べる「繰りかえし」になることもあります。

習慣・毎日繰りかえすこと・ルーチン

勤めている・働いている・通っているなどは、「今まさにそれをしているところ」ではなく、「毎日繰りかえし、それをしている」ということです。

「働く」はその場所で「動作」するのに対して、
「勤める」「通う」は「方向性」があり、「行く」に近い意味があります。

平たい言いかたでは
「会社に行っている」
「学校に行っている」
となります。

だから、「に」になるんですね。
「いる」「ある」とは性格がちがい、「場所」の「に」ではなく、「方向」の「に」なので上の動詞の例では ( ) をしました。

となると特殊な動詞は「住む」にかぎられます。

ている形でない場合

会社で働きます。
→これから働く予定。就職が決まった。まだ働いていない。

学校に通います。
→これから通う予定。入学が決まった。まだ通っていない。

だからつぎのような文でつかわれます。

4月から会社で働きます。
→働くことになりました。

この春から学校に通います。
→通うことになりました。

移動と動作。自動詞と他動詞

住む、暮らす、通う / 勤める、働くのちがいはとてもむずかしいです。

「に」をつかうか「で」をつかうかの違いがどうしてあるのかもうすこし追求したいと思います。

「住む」も「暮らす」も動作ではなさそうですが、「住む」が自動詞なのに対して「暮らす」は他動詞だというちがいがあります。
「暮らす」は目的語が取れるんですね。
その日暮らす」のように「を」で目的語が取れるのに対して、「住む」は目的語が取れません。

英語ではどちらも live ですが、「暮らす」はどちらかというと pass a day「1日を過ごす」に近い感覚だと思えばわかりやすいでしょうか。
そこで食べたり、飲んだり、寝たり、家事をしたり、そういうもろもろの「動作」をふくんでいます。
「住む」はただ「家に居着いてる」「存在しているだけ」という感じでしょうか。

また「通う / 勤める (通勤する) 」が「行く」とおなじように「移動・方向」を表すのに対して、「働く」は移動ではなくその場所での「動作」を表します。
通う / 勤める、働くはみんな自動詞ですが「移動」か「動作」のちがいがあります。

「を」と「から」

出発点

「出る」ときはふつう「を」をつかいます。

家を出る。
レストランを出る。

通過点

橋を渡る。
公園を通る。

のように「通過点」にもつかいます。

これらは目的語の「を」ではないことに注意。

から

「狭い空間から」外に出るときにつかいます。
また出発点があいまいなときにつかいます。

穴から出る。
どん底から這い上がる。

このときは、穴を出る、とは言いませんね。
「どん底」は出発点がはっきりしないともいえます。

外部の人が建物を見ているときは
「家から人が出てきた」
と言います。

あくまで「出てきた」で「家から人が出た」とは言いません。

動詞とセット

意味や文法を考えるより、「動詞とセット」でおぼえましょう。

「に住む」「で暮らす」「に勤める」「で働く」のように。

わたしは日本語教師をしています

プロフィール・レッスン予約はこちら。
表示名はToshiです。

https://www.italki.com/teacher/8455009/japanese

さっちゃん
わたしはさっちゃんです!watashi wa Sacchan desu!
ひげおじさん
わしはひげおじさんじゃ!washi wa hige-ojisan ja!

やまとことば ~ 一覧

おじさんオススメの記事

飛行機はなぜ飛ぶか? ~「迎え角」と「コアンダ効果」

注目の記事

「右・左・右」はまちがい! 人は左から来た車に はねられる! 当たり前です!

話題の記事

シャンプーが水っぽくなるのはなぜ? (図解)

人気の記事

相手がえらんだカード (トランプ) を当てる! (カードマジック15枚)

<Sponsored Link>




<Sponsored Link>




ni de に と で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です